SegWit始動寸前、ビットコインの分散水準に疑問は残る

SegWit始動寸前、ビットコインの分散水準に疑問は残る

SegWitロックされた今、3年間続いたビットコインの論争は終わりを迎えるようだ。

しかしまだ確定したことではないが、今秋予定されているブロックサイズの拡大また長期にわたるビットコインキャッシュの変動について疑問は残る。

次のステップとしては、二週間後に予定されているSegWitの始動だ。

もしSegWitが実行されれば、より多くの取引が1MBのブロックに格納されネットの混雑は改善させるだろう。

ライトニングネットワークのような更なる更新をすることもでき、結果仮想通貨市場は革命を遂げるだろう。

初心にかえる

ここで一度、初心にかえろう。

政治に気を取られてしまいつい自分よりの偏見を持つことはよくあることだが、客観的に初心に戻りいまわしい“ブロックサイズ討論”真の原因を見つめることは容易くない。

2014年初期、ネットワークのスケールを拡大するためにビットコインのコードに改善が必要だということは明白だった。

ビットコインネットワークは1秒に4つの取引しか処理できずにいる中、大衆のビットコインへの興味は大きくなっていった。

未処理の取引はなかったが、何か改善策を打たなければいけないという状態ではあった。

ビッグブロッカーvsコア

大ざっぱに言えば、コミュニティは二派に分かれたーより大きなブロックチェーンにより取引数を増やすことを支援するものと、もっと技術的な改善策を支援するもの

前者は“ビッグブロッカー”と呼ばれ、後者は“SegWit”または“コア”支援者と呼ばれるようになった。

Satoshiの未来図

Satoshiがビットコインを作ったとき、彼は各利用者がノードになるネットワークを想像していた。

各ノードはブロックチェーンを持ち、それによってブロックチェーンは不変になり一つの実体によって支配することはできなかった

当時はブロックチェーン自体が小さく、ノードを作動するのはほぼ自由だった。

やがて、ビットコインの人気が増し必然とブロックチェーンの大きさも拡大した。

ブロックチェーンが拡大するにつれ、ノードを作動することにはインターネットの通信容量に匹敵するハードドライブがあるコンピューターが必要になった。

そのサイズの容量はとても高価であり、ノードの役割を果たす人はネットワークから減少していった。

ビッグブロックを好む…

スケーラビリティの難題に直面した2014年、ビッグブロッカーの解決策はとてもシンプルで“ブロックサイズを拡大する”というものだった。

もし各ブロックがより多くのデータを収容できれば取引処理の速度も早くなる。弱点はブロックが大きくなれば、ブロックチェーンも大きくなる点だ。

大きなブロックチェーンはノード数を減らしてしまう。(上記にあったようにデータ処理や容量の費用が高くなるからだ)

ノード数が減ればより中心型になるが、ビッグブロッカーはこれはあまり問題視していない。

なぜならそれに十分な数のノード立候補者が役割を果たしビットコインの分散化維持されるとみるからだ。

開発者の対立

殆どのビットコインコアの開発者は別の解決案を提示したー“証明人の分裂化”である。

要は取引データと署名を分離し別の領域に収容するというものだ。

署名は“圧縮”でき、より多くの取引が通常サイズ(1MB)のブロックに収容されることが可能になる。要するに、コアは高度なデータ圧縮を支援するのだ。

圧縮によりブロックチェーンを縮小し、より多くのノードを招くことができる。

しかしこれにはいくつか難点がある。

一つはSegWitはかなり複雑で実行には大きな覚悟が必要になる。一例として、誰一人としてそれがソフトフォークを要するのかハードフォークを要するのかを知らなかった。

二点目は多数のSegWitを支援するコア開発者たちはBlockstreamという民間企業の従業員だということだ。それによりコミュニティにいる人たちは、これが分散化プロジェクトに影響を及ぼそうとしている企みだと思ったようだ。

分散型か配布型か?

両派とも一理あるといえるだろうが、この問を忘れてはいけないー

“どれくらいが十分な分散といえるのか?”

問題はだれもこの答えを知らないことだ。

分散化は仮想通貨のコミュニティ内で大きなトピックになったが、本題からそれている気もしなくはない。分散型ネットワークとは一つまたは複数の実体に支配されないものをいう。

哲学的にいえば、数千ものノード作動状態が理想的だがそれは現実的ではない。

そのようなネットワークは分散型ではなく配布型だ。配布型とはネットワークが大幅に分散され、ほぼ全員がノードとして作動していることをいう。

ノードの代価を踏まえると、ビットコインが完全な配布型になることはないだろう

当然のことながら数十のノード数は分散型または防ハックともいえない。

今現在では9200以上のノードがビットコインネットワークを作動している。分散するにはこの数値は理想的か?4000か?それとも1000なのか?

ライトニングネットワークのようなスケーラビリティ強化に話題を変える前に、コミュニティは今一度基礎的でもあるが“根本的な質問を問うべきだ

どれくらい分散すれば十分といえるのか?

SegWit Locked-in, But Questions Remain About Bitcoin’s Level of Decentralization

AUG 08, 2017 By David Dinkins

原文はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加