セントルイス連邦準備銀行:米国経済統計データにBTC・BCH・LTC・ETHの価格指標を追加

米国の経済統計データに仮想通貨指標を追加
米セントルイス連邦準備銀行が、以前より公開する経済統計データ(FRED)に、4つの仮想通貨(BTC・BCH・LTC・ETH)の価格トラッカーを追加した。FREDは約50万種類の経済データを管理しているとされ、金融業界関係者の間で重宝されている。
連邦準備銀行とは
連邦準備銀行 (Federal Reserve Banks) は市中銀行の監督や規制など、公開市場操作以外の連邦準備制度の業務と、ドル紙幣の発行を行う。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

米経済統計データに仮想通貨指標を追加

米国に12ある連邦準備銀行の1つであるセントルイス連邦準備銀行は6月19日、同銀行が運営する経済統計データ「FRED(Federal Reserve Economic Data)」に、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の仮想通貨データ4種類を追加することを発表しました。

公式サイトによるとデータは日々更新され、2014年頃から現在までの情報が管理されています。

FREDは、セントルイス連邦準備銀行の研究部門が独自運用する膨大な経済データベースであり、87のソースから50万以上に及ぶ、アメリカ内外の時系列データを管理しています。

今回追加された仮想通貨データは、アメリカの仮想通貨取引所Coinbaseから取得されると公式サイトに記述されており、今後Coinbaseが新たな仮想通貨を追加するに伴い、FREDにも新たな仮想通貨が追加されるのではないかと考えられています。

セントルイス連邦準備銀行の見解

セントルイス連邦準備銀行は、数年前から仮想通貨に目をつけており、2014年3月には同銀行のバイスプレジデントを務めるDavid Andolfatto氏がビットコインに関する講演を行なっています。

講演内でAndolfatto氏は、ビットコインが主に決済分野において大きな可能性を秘めているものの、現時点ではまだまだ不安定なため、今後の発展が必要と述べる一方、既存銀行業のイノベーションの欠如、送金の不便さなどの問題点も挙げ、金融における資産クラスが今後一新される可能性についても言及していました。

さらに、2018年5月にCoindesk主催で行われた「Consensus 2018」では、セントルイス連邦準備銀行の代表を務めるJames Bullard氏が、仮想通貨に対する懸念と可能性を自身の見解を共有しました。

同氏は、法定通貨の「米ドル」が、今後も圧倒的な存在感を保ち続けることを確信しているものの、このまま仮想通貨市場が大きな成長を遂げた場合、過去数世紀に存在していたような”統一通貨がない”時代に逆戻りしてしまう可能性もあるとして、危機感を抱いています。

同氏は懸念を抱く一方で、ブロックチェーン技術や仮想通貨関連の技術が非常に優れていると認めています。

セントルイス連邦準備銀行は、2018年4月に公式サイトにて、以下のように主張しました。

ビットコインは紙幣同様に本質的な価値はなく、限定的な側面を持っている。少なくとも現金においては、取引を処理するための仲介者を必要としない”非中央主権的な特性”を持つという理由から、米ドルのような法定通貨との類似点は認められる。

ビットコインなどの仮想通貨に対して、依然として否定的な見解を述べる連邦準備銀行も少なくありませんが、アメリカ中央銀行制度の一端を担う「セントルイス連邦準備銀行」が、仮想通貨に対して寛容な姿勢を見せ始めていることは、注目に値する動きだと言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

セントルイス連邦準備銀行:ビットコインと現金は似通った点が多数存在する
セントルイス連邦準備銀行によれば現金とビットコインは似通った点があるとのことで、現金とビットコインはあらゆる点で異なるという一般の認識とは異なった見解を示しました。
サンフランシスコ連邦準備銀行総裁「仮想通貨は通貨ではない」「技術としては有望」
サンフランシスコ連邦準備銀行総裁のJohn Williams氏は「仮想通貨は通貨としての基本的な評価基準を満たしていない」とする一方で、仮想通貨を有望な技術としては認めている旨の発言をしました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加