ドバイに結集する大手仮想通貨取引所、BybitとCrypto.comが拠点を設置

シンガポールからドバイへ

シンガポールを拠点とする大手暗号資産(仮想通貨)取引所のCrypto.com(クリプトドットコム)とBybit(バイビット)は、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに新たな事業拠点を構えることがわかった。

Crypto.comは28日、ドバイに中東地域のハブとなるオフィスを設立すると発表。今後数ヶ月間で大規模な採用活動を開始するという。

一方、Bybitも同日、仮想通貨事業の「全領域で」ドバイ政府から基本的な承認を得たと発表。同社は、グローバル本部をドバイへ移転する計画で、早ければ4月には営業を開始する予定となっている。

仮想通貨に友好的な規制体制

Crypto.comは、先週、UAE政府の投資・経済プラットフォーム「Investopia」と覚書(MoU)を交わし、仮想通貨取引関連の専門知識やインフラ提供など支援活動を行う。

28日に初開催されたInvestopiaサミットで、UAEのH.E. Dr. Thani Al Zeyoudi外国貿易兼人材誘致担当大臣は、仮想通貨・ブロックチェーン分野は価値や情報の保存及び伝達方法で、すでに革命を起こしていると次のように述べた。

UAEは現在、この分野の企業が繁栄するよう、また、UAEが世界的にな影響を持つ破壊的なアイディアのための理想的なプラットフォームとして位置付けられるよう、クラス最高の環境の提供が保証される強固なガバナンスと規制の枠組みを開発している。

またBybitのグローバル本部設置について、Al Zeyoudi氏はUAEを世界のデジタルハブとして位置付けるための努力が認められた証として、画期的であると述べた。同氏は、新たなテクノロジーに友好的な規制が整備されたエコシステムの構築が、次世代の海外直接投資を誘致につながり、利益を生むことになるとコメントしている。

仮想通貨規制機関の設立

ドバイ政府は今月9日、仮想通貨のライセンス制に特化した新たな政府機関「ドバイ仮想資産規制局」(Dubai Virtual Asset Regulatory Authority=VARA)の設立を発表。

VARAはドバイ世界貿易センター(DWTC)の関連機関としてUAEで運営する仮想通貨サービスプロバイダーのライセンス発行やコンプライアンス体制監督などを担当する。

関連:ドバイ、仮想通貨規制機関を設立

この発表後、大手仮想通貨取引所FTX Europeとバイナンスが、ドバイ当局からライセンスの取得を完了した。FTXはライセンス取得に伴い、ドバイに支部を設立する。

バイナンスは昨年12月にドバイ世界貿易センター庁(DWTCA)と覚書を締結。ドバイにおける仮想通貨エコシステムの構築のサポートを開始していた。

バイナンスは昨年、世界各地の規制当局から、警告措置など厳しい対応を受けてきた経緯があり、今月19日にはカナダのオンタリオ州で運営を停止した。その一方で、同社は運営体制の再編を図り、14日には中東バーレーンの中央銀行からは、暗号資産サービスプロバイダーとしてのライセンスを取得している。

関連:FTXとバイナンス、アラブ首長国連邦のドバイで仮想通貨ライセンス取得

関連:バイナンス、中東初の規制ライセンス取得 ブラジルで証券企業の買収を計画

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します