トークンブリッジ「Wormhole」、評価額3,000億円でプライベートセール実施か

Wormhole、プライベートセールを検討か

異なる暗号資産(仮想通貨)の互換性技術を開発するWormhole(ワームホール)が、独自トークンのプライベートセールを通じて約230億円(2億ドル)の調達を試みていることがわかった。関係筋の情報としてCoinPost提携メディアThe Blockが報じた。

Wormholeは2月3日にハッキングを受け、約400億円(3.2億ドル)相当のイーサリアム(ETH)が不正流出していたばかり。事件発生から数時間後には取引会社Jump Cryptoが12万ETHを補填する対応を取っていた。The Blockが入手した資金調達に関する関連文書は2月18日付けのものだったため、事件後の動きだと言える。

Wormholeは機関投資家向けのプライベートセールで独自トークン(HOLE)の発行総数の7.5%に当たる7.5億万HOLEをトークン単価30円(0.25ドル)で販売し、最大で230億円(約2億ドル)の資金調達を目指している。発行総数100億HOLEで換算するとWormhole(HOLE)の時価評価額は3,000億円(約25億ドル)に上る計算となる。

2名の関係者によれば、当トークンセールによる資金調達は4月1日時点で終了していないことを認めており、プライベートセール枠のHOLEトークンは「ネットワークローンチ」まで1年間ロックされ、その後3年間かけて段階的にリリースされることを明かした。販売単価は需要に応じて変動するとされ、現時点の価格は分かっていない。

関連:トークンブリッジ「Wormhole」、約370億円のイーサリアムが流出

マルチチェーン時代を支えるブリッジ

Wormholeは当初、イーサリアムとソラナ間のブリッジとしてCertus Oneというブロックチェーン企業が20年10月にローンチ。21年8月のアップグレードで複数チェーンへの対応を開始すると、同時期にJump Cryptoに買収されていた。

Wormholeは現在、イーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)アバランチ(AVAX)を含む8つのブロックチェーン間で資産の相互運用を提供。例えば、ユーザーはETHやERC20トークンをブリッジに預け、ソラナのSPL規格でラップドトークンを発行して運用できる。また、いつでもイーサリアムネットワーク上に戻すこともできる。

公式サイトによれば、プロトコルへの預け入れ総額を示す「Total Value Locked(TVL)」は約4,600億円(38億ドル)を超えている。

昨今、ブリッジの脆弱性を突くハッキング事件が続いている。3月にはNFT(非代替性トークン)ゲームAxie Infinity(アクシーインフィニティ)のサイドチェーンRonin Networkとイーサリアムを接続する「Roninブリッジ」から、総額700億円超相当の仮想通貨が不正流出。攻撃者はバリデータの秘密鍵を盗み、出金を実行したという。攻撃時はRoninブリッジにおいて、入出金に9つのバリデータの内5つの署名が必要だったが、攻撃者は5つの秘密鍵を不正に入手して仮想通貨を盗難した。

関連:「アクシーインフィニティ」のRoninブリッジ、700億円超相当の仮想通貨が不正流出

こうした状況で、ラップドトークンを使用せず、特定のバリデーターに依存しない、Stargateのようなブリッジプロトコルへの期待が高まっている。StargateはLayerZero通信レイヤーを使用し、統一流動性プールに預けられたネイティブトークンの即時ファイナリティを保証する。Stargateはローンチから2週間足らずでTVLが約3,500億円(30億ドル)を突破した。

関連:ブロックチェーン互換性開発のLayerZero、a16zやセコイアなどから約165億円調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します