Astarネットワークが拡大 4月に多数プロジェクトがローンチへ

Astar Networkの拡大

日本発パブリックブロックチェーンのAstar Network(ASTR)は3月31日、15以上の新規プロジェクトが4月中に同ネットワーク上で立ち上がることを発表した。IDO(イニシャル・デックス・オファリング)やDeFi(分散型金融)機能を拡大する。

Astarは昨年末にポルカドットのパラチェーンオークションで3番目にスロット(枠)を獲得し、今年1月にメインネットをローンチ。開発者にAstarでの構築を奨励する「Build2Earn(構築して稼ぐ)プログラム」を導入し、これまで40以上のdAppがローンチされてきた。

ネットワーク上のdAppへの預け入れ総額を示す「Total Value Locked(TVL)」は約1,600億円(13億ドル)に到達(4月2日時点)。ポルカドット(DOT)の全体TVLでは45%のシェアを占めており、5つのパラチェーンでは最大の規模だ。

新規ユーザーも増加傾向にあり、Astarのウォレットアドレス数は10万を超えている。

現状、AstarのDeFi領域をけん引しているDEX(分散型取引所)としてAstarの渡辺創太CEOは「ArthSwap」を紹介。ArthSwapも4月にはIDOローンチパッドを予定しており、貸付プラットフォーム「Starlay Finance」の資金調達を目的としたトークンセールが控える。

Starlayは既に稼働しており、TVLはメインネットローンチ後1か月で約100億円(8,000万ドル)を超えている。

その他、4月にAstar Networkでローンチ予定の主なdAppは以下の通り。

  • ADAO:投資・インキュベーションDAO
  • Alnair Finance:イールド・オプティマイザー
  • AstridDAO:マルチ担保型ステーブルコイン
  • Astar Farm:GameFi系のdApp
  • Avault:イールド・アグリゲーター
  • Kagla:ステーブルコイン・スワップ
  • Muuu Finance:イールド・オプティマイザー
  • Orcus Finance:アルゴリズム型ステーブルコイン
  • Sirius Finance:クロスチェーン・ステーブルコインAMM
  • Starbank:分散型投資プラットフォーム

関連:Astar Networkとdouble jumpが提携、IPを活⽤したNFTビジネス展開へ

日本企業との提携も加速

Astar Networkの中核企業であるStake Technologies株式会社(本社:シンガポール)は日本人の渡辺創太氏が代表を務めており、日本のブロックチェーン企業との協業も活発化している。3月末、ブロックチェーンゲームやNFT(非代替性トークン)サービスの開発を手掛けるCryptoGames株式会社が、Astar Networkとパートナーシップを締結したことを発表。詳細は明かされていないが「今春」にもAstar上にdAppをローンチする意向を示した。

同月、ブロックチェーンゲームなどを手掛けるdouble jump.tokyo株式会社もAstar Networkとの提携を発表。同社のNFTプロジェクトのチェーン選定においてAstarを主要なパブリックチェーンの1つとすること、またAstar Networkのバリデータ(承認者)の運⽤を行うことを明かしていた。

関連:Astar NetworkとCryptoGamesが提携 今春にdAppsをリリース予定

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します