Astar Networkとdouble jumpが提携、IPを活⽤したNFTビジネス展開へ

エコシステムを拡大

⽇本発パブリックブロックチェーン「Astar Network(ASTR)」は23日、ブロックチェーンゲームなど手掛けるdouble jump.tokyo株式会社との提携を発表した。

「Astar Network」は、異なるブロックチェーンの相互運用を実現するポルカドット(DOT)のネットワークに接続するための枠を勝ち取ったブロックチェーン。「dApp Staking」と呼ばれる、開発者に報酬を与えるシステムが採用されている。

関連:日本発Astar Networkがマイクロソフトと提携、Web3.0企業支援を強化へ

同チェーンは現在、IP(知的財産)を活用したNFT(非代替性トークン)分野に注力している。今後は、double jump.tokyo株式会社と協業する形で、エコシステムの拡大を行っていくという。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

主要パブリックチェーンの1つに

double jump.tokyo株式会社は、今回の提携に伴い、チェーン選定の中でAstar Networkを主要なパブリックチェーンの1つとする。NFTプロジェクトの具体的な情報は、近日中に公開される予定だ。

また同社は、Astar Networkのバリデータ(承認者)の運⽤も行う予定。プレスリリースでは、ネットワークの地理的分散性にも貢献していく計画とされている。

double jump.tokyo株式会社は2018年に設立された企業。これまでに「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」といった複数のブロックチェーンゲームを開発してきた。

NFTの販売やメタバース(仮想現実)との連携をサポートする「NFTPLUS」も提供。21年12月には、同サービスを通して、株式会社手塚プロダクションのジェネレーティブアートNFT「鉄腕アトム」が販売され、販売開始から約1時間で1,000個が完売している。

関連:1,000個の「鉄腕アトム」NFT、販売開始1時間で完売

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します