6/25(月)|ビットコイン年初来最安値更新も反発・ドミナンス推移は草コインよりBTCに軍配

仮想通貨市場
ビットコインは軟調な相場が続き、日曜日にビットコイン価格が年初来最安値を更新した。この相場の中で数値として変化している3点を挙げ、仮想通貨相場の変化を考察します。
仮想通貨関連株
株式市場では、消費関連や内需系企業の業績に対する警戒感が広がったことで、薄商いが続いていた新興市場が崩壊。仮想通貨(ブロックチェーン)関連株も多分に漏れず、全面安の様相に。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は軟調な相場が続いています。 本日は全体的にプラス域で推移していますが、6月24日(日)にビットコイン価格が年初来最安値を更新するなど、続落していました。

ビットコイン価格は、22日(金)に金融庁より日本大手bitFlyerを含む取引所6社に対して、業務改善命令が発表されたことを受けて急落。

その直後にマウントゴックス社が、民事再生手続開始決定を行ったことで、相場の懸念材料であった売り圧力がなくなる可能性も浮上する大きなプラス材料が出たものの、相場の上値は重く、日曜日夜にかけて下落が続きました。

CoinPostの参考記事

Mt.Gox民事再生手続開始決定でどう変わる?売り圧力が消える?
6月22日、Mt.Goxの民事再生手続開始決定が、再生管財人に選出された小林信明弁護士によって発表されました。今回の民事再生手続は破産手続とどう違うのか、仮想通貨投資家最大の関心事項である売り圧力はどうなるのかについてまとめました。

ビットコインに関する数値で特に変化しているのは、以下の3点です。

  • 1、取引量の減少
  • 2、ハッシュレートの著しい増加
  • 3、BTCドミナンスの増加

1、取引高の減少

下記の画像はUSDペアの取引高になりますが、ビットコイン価格の推移に相関性を伴う形で年初から減少しています。

出典:cryptovoices.com

規制の不透明性やサイバー攻撃が複数確認されたことからも新規流入の障害となり、結果として取引高増加の弊害となっているかもしれません。

価格の高騰と取引高は相互に好循環を生み出す要因ではあるものの、通貨価値の向上には流動性の向上が求められていることは間違いありません。

そのような意味でも、1つの下落の要因となったコインチェックの再会や、SBIVCの正式なローンチ、また規制の透明性も流動性の観点から大きな意味を為す可能性があります。

2、ハッシュレートの著しい増加

ビットコインハッシュレートの増加は著しく、収益分岐点が多く議論されたものの、ビットコイン価格下落を一切物ともせず上昇の一途を辿っています。

提供:blockchain.info

新規マイナーの参入だけでなく、マイニングマシンの性能向上など、開発戦争も激化しており、価格下落による収益率現象が影響し小規模マイナーにとって厳しい状況に移行しつつあります。

このような状況の中で、最大手のBOTMAIN系マイニングプールはハッシュレートシェアを拡大している現状があります。

3、BTCドミナンスの増加

時価総額1位のビットコインの市場占有率(ドミナンス)は、相場下落時に増加する傾向が見受けられますが、下落相場に移行した5月の月初より再度上昇を開始し、5月1日の36.8%から本日6月25日には42.2%上昇の一途を辿っています。

出典:coinmarketcap.com

対照的にドミナンス減少が著しいのは主要通貨以外の通貨『OTHER』で、5月1日の27%から本日21.6%とBTCと対照的な動きとなりました。

特に100位以下となる草コインの下落率が目立つ傾向が見受けられました。

上昇率が高いことで人気な草コインと呼ばれる時価総額が低い通貨ですが、よりボラティリティが高く、下落時に弱い傾向が今回の下落相場時に顕著に現れました。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

株式市場では、消費関連や内需系企業の業績に対する警戒感が広がったことで、薄商いが続いていた新興市場が崩壊。

ジャスダック平均が200MA割れとなったほか、マザーズ指数は3%安で大幅続落(年初来安値を更新)するなど、多くの銘柄で投げが観測されました。

個人投資家の信用維持率も危険水域まで低下していると見られることから、追証回避の売りや、追証連鎖による「セリングクライマックス」が発生する可能性もあり、今後の相場環境を慎重に見定める必要があります。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株も多分に漏れず、全面安の様相に。

株主優待制度の廃止を発表したソルクシーズ(4284)が急落したほか、続落していたセレス(3696)やファステップス(2338)などが下げ足を強め、8%〜9%ほど暴落しました。

その一方、6/26(木)に株主総会を控え、7月以降にSBIVCの本稼働が期待されているSBIホールディングス(8473)がプラス引け。

先週末に金融庁が下した、認可済み仮想通貨取引所6社への業務改善命令の煽りを受けてGDスタートしたマネックスグループ(8698)も、終値では0.31%安に留まるなど、リスクオフの地合いにある中、材料を控えた好業績銘柄に資金が集中している可能性も考えられます。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。
仮想通貨取引所『SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)』最新情報まとめ|大きく期待できる5つの理由
「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)」仮想通貨交換サービス(VCTRADE)が8月から本稼働開始。テレビCMの実施予定、取引所モデルの板取引開始、イーサリアム(ETH)の取り扱い開始など、最新情報をまとめています。【8/1更新】

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加