ディープコイン(DEP)、シンガポールの暗号資産取引所に上場 新作NFTゲームタイトルも発表

海外大手取引所に上場

ブロックチェーンを活用したGameFiプラットフォームを運営するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd. (以下DEA)は11日、独自発行する暗号資産(仮想通貨)であるディープコイン(DEAPcoin:DEP)がシンガポールの取引所「XT.com」に上場したことを発表した。

2018年にドバイで設立されたXT.comは、シンガポールを拠点に東京、ソウル、韓国などにも運営センターを持ち、300万人を超える登録者と、30万人を超える月間アクティブユーザー数を持つ取引所だ。コインマーケットキャップの取引高ランキングでは、執筆時点において全体の33位に位置する。

XT.comで取り扱われる取引ペアはDEP/USDT。なおUSDTは、テザー社が発行する米ドルの価格に連動したステーブルコインだ。

ステーブルコインとは

ステーブルコインとは、価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。

仮想通貨用語集

MEXCにも上場

またDEAは今月7日、ディープコインが別の暗号資産取引所「MEXC Global」へ上場したことも発表している。

セイシェル共和国に拠点を置く「MEXC Global」は、毎秒最大140万件の取引を処理可能なマッチングエンジン「メガトランザクション・マッチング技術」を特徴としており、70カ国以上で600万人以上のユーザーを有する、日本語にも対応済みの大手取引所だ。こちらもXT.com同様、取り扱い通貨ペアはDEP/USDTとなっている。

新作ゲーム「Graffiti Racer」の詳細が発表

ゲームのリリース関連としては、独自プラットフォーム「PlayMining」の第5弾となる新作タイトル「Graffiti Racer」のベータ版が、2022年夏にローンチすることが8日に発表された。

Graffiti Racer」は、ユーザーが自分で色を塗ったNFTオリジナルキャラクターでスコアを競い合う、「ぬりえ」をモチーフにしたレースゲームだ。

このゲームの特色としては、ぬりえの下地となる「シートNFT」を購入し、キャラクターに色を塗ることでレースに出走することができ、レースの順位に応じた報酬としてディープコイン(DEP)を獲得できるというものだ。

今夏予定のローンチに先駆け、ぬりえの下地となる「シートNFT」のNFTプレセールが4月20日(水)12:00(JST)より、「PlayMining NFT」にて先行販売される予定。また、今後「Graffiti Racer」の最新情報は、8日にオープンした「PlayMining」のDiscordコミュニティ上でも共有されることになっている。

DEPコインについて

DEAが独自発行するディープコイン(DEAPcoin:DEP)は、DEAが運営するGameFiプラットフォーム「PlayMining」上で流通し、NFTの取引が可能なユーティリティトークンだ。

海外ではBittrex、OKX、BitGlobalといった大手取引所に上場済みで、日本国内では今年1月にBITPointでディープコインの取り扱いが開始されている。

他にもケイマン諸島を拠点とする「BitMart」、およびインド拠点の「Bitbns」といった取引所への上場も3月に発表されたばかりだ。

関連:国内初、暗号資産取引所BITPointに上場したディープコイン(DEP)とは

関連:DEA、人気漫画「カイジ」とのコラボを発表 カイジNFT発売へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します