mixiで流行した「サンシャイン牧場」がNFTゲーム化、HashPaletteがNFT化権を取得

サンシャイン牧場がNFT化

株式会社HashPaletteのブロックチェーンゲームスタジオ部門「HashGames」は14日、サンシャイン牧場のNFT化権を取得し、国内初のファーミング型ブロックチェーンゲームをリリースすることを発表した。

HashPaletteは、暗号資産(仮想通貨)パレットトークン(PLT)を開発・発行する企業。NFT版「サンシャイン牧場」で用いられるブロックチェーンは、パレットチェーン(PLT)基盤となり、Android/iOS(iPhone)のスマホ端末にも対応する。

「サンシャイン牧場」はRekoo Japan株式会社が開発し、2009年にmixi(ミクシィ)上で流行。ほのぼのとした世界観でフレンドと交流しながら、現実世界の時間経過とリンクした形で農作物や家畜を育成(栽培)・収穫できるゲーム性が好評を博し、1,000万人超がプレイしたファーミング型ブラウザゲームの金字塔だ。

NFT版「サンシャイン牧場」も原作同様、ゲーム内で農作物、家畜やそれらを育てる土地などのNFTを保有し、自身の牧場を管理することでトークンを稼ぐことができるPlay to Earn(P2E)型のゲームであり、プレイヤー同士で育てた農作物や家畜の生産物を交換することで牧場をさらに発展・効率化させることができる仕様を予定している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します