払拭されぬインフレ懸念、ビットコインは引き続き方向感を欠く可能性 仮想通貨・週次市況(bitbank寄稿)

今週(9日〜15日)の仮想通貨相場

今週のビットコイン市場は軟調な展開となった。週初めは41,000ドル付近を推移するも、週央以降は価格を下げ40,000ドルを割り込む場面も多々見られた。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

4月9日〜15日のBTCチャート

Tradingview

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

4月9日〜15日レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は上値の重い展開。対ドルでは、心理的節目の4万ドル(≒506万円)割れを試す展開となっている。

週明けからシカゴマーケンタイル取引所(CME)のBTC先物主導で540万円から20万円ほど押したBTCの対円は、その後、ウクライナ東部でのロシア軍による大規模攻撃が再開される可能性があるとの同国軍報道官の発表で更に上値を重くすると、ハト派として知られるシカゴ地区連銀のエバンス総裁が、「50bp利上げの可能性がある」と発言したことで、一時500万円をも割り込んだ。

週央からの相場は、Coinbaseの新規アルトコイン4銘柄上場による「Coinbase効果」と、米インフレ指標の上振れに原油価格の反発でインフレヘッジが意識されたか底堅く推移したものの、先週に引き続きブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事からのタカ派発言や、NY地区連銀のウィリアムス総裁からも50ベーシスポイント(bp)利上げが「適切なオプションである」との発言があり、上値を抑えられている。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

やはりウクライナショックの影響を受けて米物価指数は上振れた。しかし、これを見越したかのように米中銀当局者から相次ぐ政策引き締め加速意向が表明され、「インフレ懸念」と「政策引き締め加速懸念」の狭間で、BTC相場は方向感に欠ける展開を繰り広げる格好となった。

しかし、先週からこれだけ非公式なフォワードガイダンスがあったにも関わらず、市場が織り込む向こう数年の期待インフレ率は低下することなく、今週も高水準で横ばいの推移を続けており、インフレ懸念は払拭されていないと言える。

来週は、21日(木)午前3時に米地区連銀経済報告書(ベージュブック)公開、22日(金)午前2時から国際通貨基金(IMF)でのパウエルFRB議長発言がある。ベージュブックでは、各地区での物価上昇が指摘される見通しだが、パウエル議長も政策引き締めについて言及する可能性があり、BTC相場は引き続き方向感に欠ける展開が続く可能性も視野に入る。

来週を無事に通過すれば、5月米連邦公開市場委員会(FOMC)前のメディア・ブラックアウト期間に入るため、会合(5月3〜4日)まで追加でタカ派サプライズが出る可能性が低くなる。ただ、50bp利上げが決定されることは濃厚と言えるが、バランスシートの縮小が決定されるか否かを巡り不透明感は強く、いずれにせよ今月の相場上値余地は限定的か。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコイン反落で4.5万ドル水準割り込む、 足元では売り一巡サインも

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します