タイの大手エネルギー企業、米国版バイナンスに出資へ 仮想通貨BNBも購入

米国でIPO目指す

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの米国法人「Binance US」は、タイの大手エネルギー企業「Gulf Energy Development Public Company(以下、Gulf Energy)」から資金調達を実施したことが分かった。

資金調達の手段はシリーズシード優先株式の発行だが、金額は明らかにされていない。Binance USは調達した資金で従業員を増やし、マーケティング活動を行なったり、プロダクトを拡充したり、将来的な買収に備えたりする。そして、2年から3年後には米国で株式上場(IPO)を目指すという。

関連「米国版バイナンスはIPOを検討中」CZ氏が明かす

優先株式とは

普通株に比べて配当金を優先的に受けたり、会社が解散した時に残った財産を優先的に受け取れたりできるなど、投資家にとって権利内容が優先的になっている株式のこと。(参考:日本証券業協会

▶️仮想通貨用語集

バイナンスとGulf Energyとの協業関係は、今年1月に明らかになっていた。Gulf Energyの完全子会社「Gulf Innova Company」とバイナンスが覚書(MoU)を締結し、タイにデジタル資産の取引所を開設すること等の計画を発表。もともとはエネルギー企業だったGulf Energyの公式ウェブサイトには現在、事業内容の欄に「デジタル事業」も掲載されている。

関連バイナンス、タイにデジタル資産取引所を設立へ

今回の資金調達は、Gulf Energyが18日付でタイ証券取引所に提出した書類から明らかになった。資金調達以外にもGulf Energyは、数量等の詳細までは公表していないが、バイナンスが発行する仮想通貨BNBを企業として購入したことも報告している。他にも、タイにデジタル資産の取引所を設立するために、ライセンスを申請することも公表した。

Gulf Energyは提出した書類の中で、「ブロックチェーンのインフラ技術を主導するバイナンスとの協業は、我々がデジタルインフラのリーダーになるという目標に沿うものだ」と説明している。

Binance USは今月6日、5,600億円の企業評価価値として、シードラウンドで約250億円を調達したことも発表。この資金は現物取引プラットフォームの拡大や新規プロダクトの開発、マーケティングなどに充てていく計画だと説明した。

関連米国版バイナンス、約250億円調達 評価価値が5,600億円に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します