ビットコインと米株指数の相関係数(90日間)が過去最高水準に

仮想通貨市況

米NY株式市場では、ダウ平均株価が499.51ドル(+1.45%)と反発した。長期国債利回りが2.94%まで上昇するも、株式市場では買い戻しが先行した。

20日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比+2.4%の532万円(41,359ドル)で推移している。

BTC/USD日足

ビットコインと「S&P 500」の90日間の相関関係が、過去最高水準の0.58に達した。ハイテク株主体のナスダック指数の30日間の相関係数は0.70とさらに高い。

ArcaneResearch

ArcaneResearchによれば、ビットコイン(BTC)と伝統金融市場の相関が強まったのは、金融緩和でリスク資産が高騰し始めた20年7月頃から。機関投資家の流入が影響しているものとみられる。

一方、ウクライナ情勢を巡る地政学リスクなど相場の不確実性の拡大、及びインフレ懸念からFRB(米連邦準備制度)による金融引き締め圧力が加わるにつれ、代替資産として買われる金(ゴールド)価格とは-0.45と逆相関が目立っている。

金との相関は過去最も低い水準であり、少なくとも現時点では「ビットコインはインフレヘッジとしては十分な役割を期待できない」との見方もある。

機関投資家の動向

資産運用会社CoinSharesの週次レポートによれば、暗号資産(仮想通貨)投資信託などのデジタル資産に対する機関投資家の資金フローは、2週連続の流出超過となった。

出典:CoinShares

先週は計9,700万ドルの流出となった。

CoinSharesは、「3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録要旨が公開され、FRBの声明でタカ派(金融引き締めの加速)スタンスが鮮明になったことが影響した可能性が高い」「ビットコイン市場が、米国の政策金利動向に敏感になっている」と分析した。

資金流出に関して、2週前は主に米国から主導だったが、先週は欧州が88%を占めるなど、FOMC声明への反応が遅れて波及してる様子も伺える。

アルトコイン市場

アルトの個別銘柄では、Coinmarketcap(CMC)時価総額ランキング38位のザ・サンドボックス(SAND)が前日比+10.6%上昇した。

500億円規模を超える資金調達の可能性が報じられたことが好感されたか。昨年11月には、ソフトバンクグループのVision Fund 2が主導し、約100億円の資金調達を終えている。

メタバース系NFTゲーム「ザ・サンドボックス」、500億円超を資金調達か=報道

また、バイナンスは19日、独自トークンバイナンスコイン(BNB)の19回目のバーン(焼却)実施を発表した。昨冬に新たに導入された自動バーンメカニズムに基づき、980億円相当がバーンされた。BNBでは定期的に供給量が絞ることで価値を担保する仕組みを導入している。

関連:仮想通貨取引所バイナンス、約180万BNBのバーンを発表

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します