CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 Game Credits(ゲームクレジット)とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ゲーム内共通通貨をGstore内で使い回しが可能
GameCreditsのストア(Gstore)の登録されているゲームであれば、全てのゲームで共通の通貨「GAME」が利用可能です。
プラットフォーム手数料が半分以下
GoogleやAppleのストアを利用する手数料の1/3で利用できるGameCreditsのストアでは、ゲームを提供する企業にとっても採算を取りやすく多彩なゲームの誕生に貢献します。
法定通貨・GameCredits・ゲーム内通貨を自在に交換が可能
従来のものでは、ゲームに課金したら再び通貨にすることはできませんでしたが、「GAME」を利用すると換金が可能となります。

概要

通貨コード GAME
取引開始日 2015年6月1日
承認アルゴリズム Proof of Work
ハッシュアルゴリズム Scrypt
発行上限 8,400万GAME
ブロック生成 約1分半
ブロック報酬 25GAME
公式サイト GameCredits公式サイト

GameCredits(GAME)とは、gamecreditsというゲーム開発のプラットフォームを作っている会社が、ブロックチェーン技術をベースにそのプラットフォーム内で使用できるゲーム内通貨として作成した仮想通貨です。

特徴

GameCredits(ゲームクレジット)は、ビットコインやその他の仮想通貨とは違い、ゲーム課金に特化した仮想通貨として取り扱われています。

ゲームクレジットは「GAME」に対応するようにゲーム提供企業との提携を進めており、超有名作である「ファイルファンタジー」もゲームクレジットで利用することができます。

利便性の向上

従来のモバイルアプリゲームなどでは、課金する場合に、法定通貨(ドルや円)をゲーム内独自の通貨に両替して利用する必要があります。

また、「Google Play」、「Apple Store」のゲームでは、クレジットカードを登録しカード決済によりゲーム内通貨を購入、課金します。その場合、ゲームに飽きて、他のゲームを始めるときに前のゲームの課金は新しく始めるゲームには持ち越すことができないので、課金額が残っていたとしても、また新たに課金をして新しいゲームを始める必要がありました。

それに対し、GameCreditsでは、「GAME」を持っていればGameCreditsストア内のゲームやアイテムを購入、課金することが可能となります。

Game Creditsを導入することのよって、あるゲームに保有していたり、獲得した「GAME」を別のゲームにも用いることができ、新しいゲームを始めることになっても今までの課金を新たなゲームにも共通して利用することが可能となります。

ゲーム開発者の収益性向上

ゲームクレジットを利用することによってメリットがあるのは、ユーザーだけではありません。

一般的にゲームを開発し課金システムを一から構築するには多くの労力と時間、お金がかかります。開発者は、ゲーム内容は元より、収益性もしっかりと考え制作しなければなりませんが、収益性を考えながら、ゲームを作ることは容易ではありません。

しかし、ゲームクレジットを利用することで、課金システムのAPIを公開することにより、簡単にこれを実装することができます。その結果、開発者はゲーム内容の開発に集中することができよりよい製品を制作できる環境を手に入れることができます。

また、制作したゲームを「GameCreditsストア(Gstore)」に出品することができ、ユーザーへの訴求機会も増すこととなります。

従来の「Play ストア」、「Apple Store」内のゲームとしても取り扱いを並行して行うことが可能で、そこから課金された場合、

運営・開発者 Google・Apple GStore
手数料 30% 10%

手数料が3割と高いGoogleやAppleのストアはシェアが非常に大ききいため、手数料が高くともゲームをアップロードしてユーザーを獲得せざるを得ませんでした。しかし、ゲームクレジットの手数料は10%と低いです。

今後ゲームクレジットのストアのへのゲームの登録数が多くなるのと並行してユーザーが増えてGoogleやAppleのストアと肩を並べる日も近いと思います。

非常に高い処理速度

ゲームクレジット独自の支払いシステムはHbaseHadoopを使用するトップレベルのBig Data開発者によるBig Data Technologyに基づいて構築されており、非常に高速です。

ブロックチェーンによる安全性

全てのトランザクションは、検証可能なブロックチェーンソリューションによって処理されているので証明することができます。

利用可能なウォレット

ゲームクレジット公式のウォレットがあります。

GameCreditsウォレット公式サイト

Game Creditsの取扱い取引所

GAMEを購入したい場合は、残念ながら、日本の取引所では扱われていないため、海外の暗号通貨取引所のアカウントを開設しなければ購入できません。以下の海外の取引所がGAMEを取扱っています。

取引所 特徴
60種類以上のアルトコインを取扱う巨大取引所。
poloniex(ポロニエックス)とは?
poloniexと並ぶ最大級の取引所で最新の通貨をすぐ取引対象として導入する。
日本に籍を置く取引所。アルトコインの取扱いはない。
アカウントの登録が必要のない取引所。

その他にも、「Cryptopia」、 Allcoin 」、「OPEN LEDGER」、「Yuanbao」、「Jubi」で取扱っております。

GameCreditsとMobileGoの違いについて

Game Credits(ゲームクレジット)
ゲーム開発者からのゲーム購入・課金時に使用
MobileGo(モバイルゴー)
ユーザー間での取引(ブロックチェーンを介した賞金のやり取りなど)、保有数に応じてゲーム内での優待など

GameCreditsが目指していることは、新しいゲームストア、ゲームの開発・構築し、その中で「GAME」を利用してもらうことですが、 MobileGoは、

  1. Gamecreditsストア利用時の割引
  2. ストア内の新しいゲームのベータテスターへの応募
  3. VIPトーナメントへの優先招待
  4. ストア内コンテンツ購入時の割引
であり、今の所では所有していることで上記の効用を得られるのではないか、と予想されます。 MobileGoトークンはゲーム内のコンテンツ拡充のために利用されるコインであり、GAMEはストアからアプリを購入し、課金するもので、お互いが仲介者なしに直接取引できることを目指しています。

Mobile Goの仕組みは、GameCreditsからは独立しているものなので、片方がうまくいくともう片方にも作用するという関係性です。

将来性

ゲームクレジットはゲームのために使用するという実需通貨であり目的がわかりやすい通貨です。

モバイル端末が発達し、これからのゲーム市場はどんどん成長します。ゲーム調査会社のNewzooによるとゲームビジネスは、2017年では1089億ドルになると予測しています。

中でも、モバイルデバイス分野が最も儲かる分野と言われています。2020年までにモバイルゲームは、ゲーム市場全体の半分に達すると言われています。

ゲームクレジットのプラットフォームはこのモバイルゲーム市場に狙いを絞って展開されています。

現状のモバイルゲーム環境は、「Google」、「Apple」の2社に独占され、高い手数料を支払っています。ゲームクレジットはこの2強に低い手数料で割って入り、その牙城を崩すことが期待されています。300以上のゲームを備えてスタートし2017年内に1000以上のゲーム数に拡大する予定です。

「バイオハザード」、「ストリートファイター」などの人気作でも使えるようになるようで、ゲームの世界で稼いだGAMEを現実世界の通貨に現金化可能でもあり、これからのゲーム市場の拡大とともに「GameCredits」も普及していく可能性は非常に高いです。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧