オーストラリアで仮想通貨規制の発表相次ぐ、政策ロードマップと犯罪防止ガイドライン

金融機関による仮想通貨リスク管理

オーストラリア健全性規制庁(APRA)は21日、暗号資産(仮想通貨)に関するリスク管理目標と2025年までの政策ロードマップを発表した。

APRAはオーストラリアの金融規制当局で、その監督範囲は銀行だけではなく保険業界、信用組合、年金基金にも及び、対象機関に健全性基準を遵守するよう義務付ける権限を持っている。

APRAは今後、豪州で仮想通貨活動の規模が拡大すると予想しており、リスク管理が重要になると見込んでいる。予想されるリスクとして、オペレーショナルリスク、投資リスク、信用リスクがあると指摘。中でも、オペレーショナルリスクには詐欺、サイバー、行動、資金洗浄・テロ資金供与、技術に関するリスクが含まれるとして、特に重要視しているようだ。

APRAは規制対象機関に対し、書簡で以下のような対策を求めている。

  • 適切なデューデリジェンスと包括的なリスク評価を行う
  • リスクを理解し、軽減措置を講じる
  • 第三者に仮想通貨関連活動を依頼する場合、プルデンシャル基準およびアウトソーシングの要件に配慮する
  • 強固なリスク管理統制の適用

政策のロードマップ

APRAは仮想通貨規制のアプローチに一貫性を持たせるため、国際的な規制当局との協議を予定しているという。

公認預金受入機関(ADI)による仮想通貨活動に関しては、国際決済銀行(BIS)のバーゼル委員会が、銀行による健全な仮想通貨の取り扱いに関して協議中であり、APRAはその決定に従うという。オーストラリアでの協議は2023年に予定されている。

オペレーショナルリスクに関しては、2022年半ばにプルデンシャル基準の草案を発表する予定。

APRAはステーブルコインの規制アプローチについて、改めて言及している。ステーブルコインに関する取り決めはプリペイド機能(Stored-Value Facility: SVF)と類似している部分が大きいため、APRAは金融規制協議会(CFR)の機関と共同で、規制の枠組みを開発しており、2023年にSVFに関するプルデンシャル要件協議を行う予定だという。

APRAは2024年にはオペレーショナルリスク基準の発効、2025年に仮想通貨要件とSVF基準の発効を目指していると明らかにした。

APRAは、今後も仮想通貨業界の動向や新たなリスクを注意深く監視し、国内外のの規制当局と連携し、必要に応じてガイダンスを提供していくと書簡を結んでいる。

規制の明確化

オーストラリアでは、昨年来、仮想通貨規制の明確化に本腰を入れる動きが見られる。昨年12月にジョシュ・フライデンバーグ財務大臣が「包括的な決済と仮想通貨の改革計画」を発表。さらに今年3月には財務省が、仮想通貨サービス事業者に対するライセンス制度およびカストディ要件に関する諮問文書を発表した。

財務省は投資家や消費者にサービスを提供している、取引所やディーラー、ブローカーなどの「仮想通貨二次サービスプロバイダー」(CASSPrs)を「最も適切な規制対象」としている。

関連:豪政府、仮想通貨規制の明確化に本腰

金融犯罪防止のガイドライン

オーストラリア金融取引報告・分析センター(AUSTRAC)も同日、「デジタル通貨の犯罪利用を防止する」と題し、仮想通貨を利用した金融犯罪防止に対するガイドラインを発表した。

AUSTRACは豪連邦政府の金融情報監視機関で、マネーロンダリング及びテロ資金供与防止の規制責任を負う。

AUSTRACは、様々な金融活動で仮想通貨の利用が広まったことで、犯罪者にも利用されるようになる一方、取引データが公開されているため、仮想通貨を使用した「犯罪を特定し、ターゲットを定め、行為を中断させる」チャンスも生まれていると指摘。

ガイドラインでは、マネーロンダリング、闇市場での違法製品の売買、テロ資金供与、詐欺、脱税、ランサムウェアなどについて、それぞれの手口やケーススタディなどを解説した。また一般的な犯罪者の行動や金融行為の特徴、及び犯罪の種類別に不正行為を見極める指標などについても説明されている。

AUSTRACは、金融サービスを提供する事業者に対し、マネーロンダリング及びテロ資金供与対策プログラムの一環として、適切なリスクベースのシステムと管理体制の導入を呼びかけている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します