CoinPostで今最も読まれています

カンヌ映画祭が限定NFTを発売 資金調達プラットフォーム「Shibuya」で

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

カンヌ映画祭のNFTコレクション

カンヌ国際映画祭の招待券が付随するNFT(非代替トークン)コレクションは、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)で5月2日から購入可能になっている。

5月17~28日に開かれるカンヌ映画祭の限定NFTの販売は、100か国で5億人以上の月間ユニーク視聴者を抱える動画ニュースプラットフォーム「Brut」と、世界的に有名なWeb3(ウェブスリー)アーティスト「pplpleasr」の提携により実現した。Brutはカンヌ映画祭とグローバルメディア公式パートナーとして3年契約を結んでいる。

カンヌ映画祭の75周年を祝って発行される75個限定のNFTコレクションは、pplpleasrが主導するWeb3型の映画配給プラットフォーム「Shibuya(渋谷)」で販売されている。

カンヌ映画祭のNFTコレクションは、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3つのランクに分類され、1枚あたり5ETH(約180万円)~7ETH(240万円)に設定されている。ランクに応じて、参加可能なプレミア上映やレッドカーペットイベント、VIPパーティなどの特典が異なる。また、本NFTはイーサリアム上で発行されるが、譲渡不可能でありセカンダリーマーケットに流通しない仕様となる。

カンヌ映画祭のNFTに関連する収益はすべて、業界の女性映画製作者を支援するAnnenberg Accelerator Programに寄付される。

関連:米資産管理企業VanEck、会員証NFTをローンチ

Web3型の映画配給プラットフォーム「Shibuya」

pplpleasr(本名Emily Yang)氏はUniswap(分散型取引所)の広告NFTをデザインしたことで知られる人物、同NFTは21年5月に約6,000万円(52.5万ドル)で落札された。映画VFX(視覚効果)の制作実績としても、バットマンvsスーパーマン、ワンダーウーマンといった長編作品に参画してきた。

pplpleasr氏は今年3月、映画制作の資金調達をより簡略化することを目的とする映画配給プラットフォーム「Shibuya」をローンチしていた。Shibuyaは資金調達にNFT(非代替性トークン)を使用し、独自の暗号資産(仮想通貨)を発行できるなどの特徴がある。

Shibuyaではクラウドファンディング参加者にIP(知的財産権)を紐づけることができ、ストーリー展開にサポーターの意見を組み込むインタラクティブな制作も可能だ。

例えば、現在資金調達が行われている短編映画「White Rabbit(白ウサギ)」の場合、専用の「プロデューサーパス」ランクNFTを購入したユーザーは、投票を通して作品のストーリー展開に影響力を発揮できる。さらに、同NFTをステーキングし、投票回数に応じてWhite Rabbitの所有権を表す仮想通貨WRABを取得できる。

現在のところ、収益の分配を含むWRABのユーティリティについては公表されていない。pplpleasrは「実験段階なので金銭的利益を保証できないが、将来的に利益はトークン所有者と共有される予定」と海外メディアDecryptに語っていた。

関連:イーサリアムの長編ドキュメンタリー映画 ヴィタリックも登場へ

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。
16:37
バイナンス新CEO、年末ビットコイン価格見通し・相場サイクルの特異性を語る
バイナンス新CEOリチャード・テン氏が、2024年末の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン価格見通しと暗号資産市場サイクルの展望を語る。市場はまだ初期段階にあり、さらなる成長を見込む。
15:01
ZKsync大型エアドロップは2時間で45%が申請完了 一躍ランキングTOP100圏内に
ZKsyncが36億7500万ZKトークンの大型エアドロップを実施。2時間で45%が申請完了し、暗号資産ランキングTop100圏内に急浮上。バイナンスでの取り扱いも開始。
13:50
エチオピアの仮想通貨事情、禁止から規制へ
エチオピアは、仮想通貨の全面禁止から、仮想通貨とブロックチェーン技術のメリットを慎重に検討する方向へと、この2年間で方針を転換してきた。現在はビットコインマイニングが活発化し、モバイル送金サービスも成長を続けている。
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア