米コインベースNFT、ベータ版の利用を全ユーザーに提供開始

コインベースNFT、一般解禁

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは4日、独自のNFT(非代替性トークン)電子市場「コインベースNFT」のベータ版の利用を解禁した。

4月20日にローンチされた同プラットフォームは既に誰でも閲覧できる状況だったが、利用は一部のユーザーに限定されていた。コインベースは「パブリックな形で」今後も多数の機能を追加していくとコメントしている。

関連:米コインベースのNFT電子市場、ベータ版をローンチ

コインベースNFTとは

コインベースNFTは21年10月に発表されたマーケットプレイス。発表当初は順番待ち(ウェイティング)リストには公開から1日で100万人以上のユーザーが登録に殺到するなど、期待が高まっていた。同リストの位置によって、ユーザーは当初ベータ版の試験利用が認められた。

同プラットフォームはイーサリアム(ETH)を基盤としているものの、昨年時点から長期的なマルチチェーン対応を表明。現段階では、以下のNFTシリーズを取り扱っている。

  • Otherdeed
  • Bored Ape Yacht Club(BAYC)
  • Mutant Ape Yacht Club(MAYC)
  • Murakami.Flowers seed
  • Moonbirds
  • Ragnarok
  • Doodles

マーケットプレイスではNFTの売買の他、自身のウォレットを接続してNFTコレクションをディスプレイできるプロフィールも作成でき、SNS的な側面も含む。

出典:Coinbase NFT

関連:コインベースのNFTサービス、わずか1日で100万人超の登録

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します