米カリフォルニア州知事、仮想通貨・ブロックチェーン関連の行政命令を署名

仮想通貨の規制を明確化へ

米カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は4日、Web3.0についての知事命令に署名した。暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンの規制を明確化し、消費者保護などを行いながらイノベーション促進を図る。

この知事命令の下、同州の消費者金融保護法にも従いながら、消費者を保護し責任あるイノベーションを促進するための規制方針の策定を開始していく。また、カリフォルニア州機関や、その他公的機関へブロックチェーン技術を導入する方法を査定し、州民がこの業界で成功できるようにするための、研究および人材開発の道を切り開いていく予定だ。

カリフォルニア州政府は今回の知事命令は、バイデン大統領が3月に発行した、暗号資産(仮想通貨)関連の大統領令に沿うものだと説明。3月に発令した大統領令は、デジタル資産や関連技術のリスクを抑えながら、その潜在的メリットを活用していくことを唱えるものだった。ニューサム知事は消費者保護や、法の支配その他に基づいた規制を行っていくべきとしている。

関連米バイデン大統領、仮想通貨関連の大統領令に署名

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。

▶️仮想通貨用語集

知事命令は、カリフォルニア州が、今後米国の連邦政府から発行される規則やガイドラインに従いながら、企業に向けた規制を明確にし、消費者を保護することができるようにするものだ。

ニューサム知事は、次のようにコメントした。

カリフォルニア州は世界的なイノベーションの中心地だ。我々はWeb3.0の新しい技術を成功させるために、責任あるイノベーションを促進し、消費者を保護し、この技術を公共の利益のために活用していく。

連邦政府は技術の進歩について遅れをとることが多いので、我々はこの分野で先手を打ち、消費者と企業が繁栄できるような基盤を築いていきたい。

関連反響広がる仮想通貨関連「米大統領令」、政府関係者や有識者らの見解は

7つの優先項目

知事命令は、以下の7つを優先項目として挙げた。

  1. ブロックチェーン企業のための透明で一貫性ある事業環境を構築
  2. 幅広い関係者から意見を収集し、規制枠組みを構築
  3. ブロックチェーンの応用事例や事業について有識者から広く意見募集
  4. 包括的な規制枠組みを開発するためのプロセスを実施
  5. 大統領令に沿いながら規制明確化を推進する
  6. 公共サービスなどにブロックチェーン技術を使用する機会を探る
  7. 仮想通貨含めブロックチェーン技術を促進するための研究・人材環境を構築する機会を探る

ニューサム知事は仮想通貨も含むブロックチェーン事業に対して、消費者への利益とリスクのバランスを取りながら環境構築を行うと説明。また、有識者からコメントを募集する際は、特に仮想通貨や関連する金融技術に焦点を置く。

さらに、特定の課題に対応するために、ブロックチェーン技術を採用する可能性を、民間企業、学術界などとも協力しながら探り、パイロットプログラムなどの提案も検討するとした。

現在カリフォルニア州以外でも、米国の州政府レベルで、仮想通貨法整備が進んでいる。米ニューハンプシャー州は2月、仮想通貨に関する調査を行う知事委員会の設立を指示していた。

関連米ニューハンプシャー州、仮想通貨の調査委員会を設立

また、テキサス州のフォートワース市は独自でビットコイン(BTC)マイニング機器の稼働を開始しており、米国の自治体として初の取り組みだ。連邦政府は3月に大統領令を発令したが、州政府単位で独自の政策を取る姿勢が目立つ。

なお、一部では、仮想通貨領域に否定的な姿勢を示す州政府もあり、ニューヨーク州では仮想通貨マイニング企業に対する新規のライセンス発行を2年間停止する法案が通過したばかり。業界からは企業や関係者が反対の声を強めている。

関連ニューヨーク州、仮想通貨マイニングの規制強化法案可決に反対の声

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します