ニューヨーク州、仮想通貨マイニングの規制強化法案可決に反対の声 米NY州議会下院を通過

PoWの環境への影響を査定

ニューヨーク州議会の下院で26日、石炭発電を利用した暗号資産(仮想通貨)のマイニング(採掘)企業に対する「業務ライセンスの新規発行」を2年間停止する法案が可決された。今後、ニューヨーク州議会の上院で審議が行われる形となる。

昨年5月に最初に提出された「A7389C(通称「モラトリアム法案」)」は、仮想通貨のマイニング産業による環境への影響についてニューヨーク州が包括的な調査を完了するまで同産業の成長を2年間停止させることを目的としている。

ニューヨーク州では2019年に「気候リーダーシップ・地域保護法(Climate Act)」が成立しており、2050年までに炭素排出量を削減・吸収量を差し引きゼロにする「カーボンニュートラル」の達成を目指している背景がある。仮想通貨マイニング産業の拡大が排出削減目標の妨げになるというのが、モラトリアム法案の主旨だ。

PoW方式を実効する仮想通貨マイニング事業の継続・拡大的な運用は、ニューヨーク州のエネルギー使用量を大幅に増加させ、Climate Actの遵守に影響を与える

州全体の仮想通貨マイニング事業に関する環境影響評価報告書は、1年以内に同州環境保全省(DEC)の公式サイトに掲載され、パブリックコメントや公聴会を通じてモラトリアム期限までに議論される。

関連:ニューヨーク州議会、仮想通貨マイニング規制案の議論進む

仮想通貨産業の中心地を目指すNY

これまでニューヨーク市のエリック・アダムス市長を含む同州の多くの業界関係者が、ニューヨークを「仮想通貨産業の中心地」にすると表明してきた。そのため、モラトリアム法案の可決はマイナーの移転や雇用機会の損失につながる(これまでの努力が水泡に帰すおそれがある)として、多くの反対の声が挙がっている。

米国でブロックチェーン関連のロビーイング活動に取り組む業界団体Blochain AssociationのKristin Smithエグゼクティブディレクターは、本法案が「起業家に不穏なシグナルを送り、ニューヨーク州における業界の成長に萎縮効果をもたらすことになる」と批判した。

ニューヨークは長年、革新と経済成長の道標となってきた。今、クリプト(仮想通貨産業)を受け入れれば、世界のリーダーになる道につながるだろう。見当違いな法案はこの進行を妨げ、ニューヨークの優位性を他の都市、州、国に譲り渡すことになりかねない。

Smith氏はさらに、仮想通貨のマイニング企業に対する業務ライセンスの新規発行を2年間停止する処置は、ニューヨークでこの産業を根絶することにつながりかねないと指摘した。

この種のマイニングを永久に禁止するようなものだ。起業家や投資家は『議員たちがクリプトを受け入れてくれるかもしれない』という淡い期待を抱いて2年も待つことはしないだろう。クリプトにオープンな州が増える中、ニューヨーク州は参入障壁を築こうとしている。

Blochain Associationは仮想通貨マイニング産業は同州の再生可能エネルギー化を早める起爆剤になるとも主張する。同協会のポリシー責任者であるJake Chervinsky氏は、再生可能エネルギーを使用する仮想通貨マイニング事業者を積極的に誘致するプランを提案している。Blochain Associationは専用フォームを設け、ニューヨーク州議会に意見書を提出するよう人々に呼びかけている。

関連:米NY州、仮想通貨マイニング取締案の支持強まる|採掘企業の新設と環境調査

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します