CoinPostで今最も読まれています

アカツキ、25億円規模のWeb3特化ファンド「Emoote」を設立 STEPNなど20以上にトークン投資実績

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3特化ファンドを公表

株式会社アカツキは12日、Web3領域に特化した25億円規模のWeb3特化ファンド「Emoote(エムート)」の設立を発表した。同社はスマ−トフォン向け人気ゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の開発などで知られる。

Emooteはすでに、急成長中のフィットネスNFTゲーム「STEPN」をはじめ、グローバルのWeb3プロジェクト20以上に対してトークンで投資実行済み。今後国内のクリプト、NFT、メタバースなどWeb3領域のスタートアップに対して、投資とグロース支援を積極的に行っていく。

今年1月には、GameFiプラットフォームLootexのシードラウンドに、Spartan Capital、Infinity Ventures Crypto、LD Capitalらとともに出資を発表した。

関連:GameFiプラットフォームLootex、AkatsukiやYGG SEAなどから900万ドルを資金調達

投資実績

Emooteは2021年9月から活動をはじめ、これまで20以上のプロジェクトに投資実績がある。投資ステージはシードを含むアーリーステージで、主なエリアはアジア 50%、US 40%、その他 10%となっている。

主な投資先としては、2022年1-3月で売上33億円、FDV(希薄化後時価総額)は2兆円を突破した「STEPN(ステップン)」をはじめ、新たなGameFiを発掘し、優れた分析力・実行力によってNFTを育成し、ゲームギルドにNFTを提供する「BreederDAO(ブリーダーDAO)」も含まれる。

BreederDAOには、世界を代表するVCである、Andreessen Horowitz、Delphi Digitalが共同リード投資を行うなど、GameFiエコシステムを支える存在として台頭している。

注力領域

主な注力領域は、STEPNに代表される「Web2 x トークノミクス」のほか、Web3 IPクリエイションとして、Bored Ape Yacht Club x Ape Coinに代表されるコンテンツやDAOはもちろん、それらを支えるプラットフォームにも注目。

ゲーム内スキンに代表される「NFT x デジタルファッション」も、多くの消費者の心を掴み、大きなビジネスであるとして注力領域に挙げた。

成長トレンドと設立の背景

2020年は分散型金融であるDeFi(分散型金融)、2021年はGameFiをはじめとするNFT(非代替性トークン)が台頭した。2022年は「Web3元年」とも言われ、世界中でWeb3領域のスタートアップやプロジェクトが次々と生まれている。

Web3領域における大型の資金調達、スケールアップの事例も多く、今後より一層Web3領域でのプロジェクトが増加することが見込まれる。

これまでは、GameFiの代表格であるAxie Infinityがベトナム、GameFiスカラーシップ(奨学金制度)のYield Guild Gamesがフィリピンから誕生するなど、Web3においてはグローバル、中でもアジアが重要なポジションを占めてきた。

こうした海外での成功事例を受け、日本においてもWeb3領域プロジェクトが急増してきており、トークンによる資金調達、グロースの具体的な支援について需要が高まっている。

アカツキはこのようなベンチャー支援の実績と加速するWeb3領域の成長トレンドを踏まえ、2021年にシンガポールにEmoote Pte. Ltd.を設立。25億円規模のWeb3領域特化ファンド「Emoote(エムート)」の運用を開始した。

「日本には優秀な起業家、才能を持ったクリエイターがおり、世界中で愛されるIPやコンテンツがある」として、「今後国内でも投資とグロース支援を強化するにあたり、Emooteのコンセプト、注力領域、投資実績を発表することにした」としている。

今後の展開

Emooteは海外での投資と並行して、日本国内のWeb3領域のスタートアップに対しての投資とグロース支援を積極的に行っていく。

Emooteの日本初の支援としては、YGG Japanへの投資を発表。さらに、日本第2号プロジェクトとして、エンターテイメント分野で日本からグローバルに挑戦するプロジェクトをミッション策定、事業、チーム、トークノミクス、資金調達など全面的に支援する。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 金曜日
17:41
「暗号資産の投資状況と確定申告」に関する調査、年内取引で約7割が利益
Aerial Partnersが2023年の暗号資産取引調査結果を公開。ビットコインなどの現物取引だけでなく、PoS銘柄のステーキング利用度が高まりつつあり、利益を出している投資家増加に伴い「確定申告」の必要性も上がっている。
16:03
米投資会社タイガー・グローバル、BAYCやOpenSea投資の評価額を大幅下方修正
タイガー・グローバル・マネジメントが、有名なNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」(BAYC)と主要なNFTマーケットプレイスであるOpenSeaへの投資により、大幅な含み損を抱えていると報じられた。同社の直近の投資動向と報告内容についてまとめる。
16:00
「ビットコインがもたらす革命をSNSへ」Nostrasia特集を配信
第10回のGM Radio:Beyond The Priceは11月22日に公開。今回は11月に東京などで開催されたイベントNostrasiaを特集した。
14:00
「イルビウム」、eスポーツチームTeam Liquidと提携
Web3ゲームIlluviumは、世界最大級のeスポーツチーム「Team Liquid」と提携すると発表した。独自NFTのリリースやトーナメント開催を予定している。
13:21
4年越しの復帰、bitFlyerの加納CEOが“世界と戦う”ために求める人材は?
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer HD加納裕三CEOに独占インタビュー。bitFlyerの強みや求める人材、ビットコインETFの影響について注目される暗号資産市場の展望について伺った。
12:52
BAYCバーチャルバンド「KINGSHIP」、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでデビュー
高級NFTコレクションBAYC(Bored Ape Yacht Club)キャラのバーチャルバンド「KINGSHIP」をフィーチャーした「KINGSHIP Islands」が、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでプレイ可能になった。
12:40
ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインETF承認期待やFOMCの金利据え置き予想を背景に、BTCが高値更新を目前にしている。日足でアセンディングトライアングルを形成しており、ブレイクすれば4万ドルの心理的節目が視野に入る。
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。
07:30
バイナンス、新たな機関投資家向けソリューション提供へ
仮想通貨取引所バイナンスは、機関投資家向けの新たなソリューショーンを発表。開発の目的やプロジェクトの現状を説明している。
07:15
韓国Upbit、仮想通貨「SPACE ID」新規上場 一時30%高
韓国最大手仮想通貨取引所Upbitは30日、銘柄SPACE ID(ID)をBTC建て通貨ペアとして新規上場した。上場ニュースを受けてIDは一時30%急騰。
06:30
米SEC、フィデリティのイーサリアムETF上場申請で審査開始
米SECは新たに、フィデリティの仮想通貨現物イーサリアム(ETH)のETF上場申請について、パブリックコメントを募集し始めた。
05:30
約6億ドル分のビットコイン買い増し、マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは30日夜、再びビットコインを買い増ししたことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア