アカツキ、25億円規模のWeb3特化ファンド「Emoote」を設立 STEPNなど20以上にトークン投資実績

Web3特化ファンドを公表

株式会社アカツキは12日、Web3領域に特化した25億円規模のWeb3特化ファンド「Emoote(エムート)」の設立を発表した。同社はスマ−トフォン向け人気ゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の開発などで知られる。

Emooteはすでに、急成長中のフィットネスNFTゲーム「STEPN」をはじめ、グローバルのWeb3プロジェクト20以上に対してトークンで投資実行済み。今後国内のクリプト、NFT、メタバースなどWeb3領域のスタートアップに対して、投資とグロース支援を積極的に行っていく。

今年1月には、GameFiプラットフォームLootexのシードラウンドに、Spartan Capital、Infinity Ventures Crypto、LD Capitalらとともに出資を発表した。

関連:GameFiプラットフォームLootex、AkatsukiやYGG SEAなどから900万ドルを資金調達

投資実績

Emooteは2021年9月から活動をはじめ、これまで20以上のプロジェクトに投資実績がある。投資ステージはシードを含むアーリーステージで、主なエリアはアジア 50%、US 40%、その他 10%となっている。

主な投資先としては、2022年1-3月で売上33億円、FDV(希薄化後時価総額)は2兆円を突破した「STEPN(ステップン)」をはじめ、新たなGameFiを発掘し、優れた分析力・実行力によってNFTを育成し、ゲームギルドにNFTを提供する「BreederDAO(ブリーダーDAO)」も含まれる。

BreederDAOには、世界を代表するVCである、Andreessen Horowitz、Delphi Digitalが共同リード投資を行うなど、GameFiエコシステムを支える存在として台頭している。

注力領域

主な注力領域は、STEPNに代表される「Web2 x トークノミクス」のほか、Web3 IPクリエイションとして、Bored Ape Yacht Club x Ape Coinに代表されるコンテンツやDAOはもちろん、それらを支えるプラットフォームにも注目。

ゲーム内スキンに代表される「NFT x デジタルファッション」も、多くの消費者の心を掴み、大きなビジネスであるとして注力領域に挙げた。

成長トレンドと設立の背景

2020年は分散型金融であるDeFi(分散型金融)、2021年はGameFiをはじめとするNFT(非代替性トークン)が台頭した。2022年は「Web3元年」とも言われ、世界中でWeb3領域のスタートアップやプロジェクトが次々と生まれている。

Web3領域における大型の資金調達、スケールアップの事例も多く、今後より一層Web3領域でのプロジェクトが増加することが見込まれる。

これまでは、GameFiの代表格であるAxie Infinityがベトナム、GameFiスカラーシップ(奨学金制度)のYield Guild Gamesがフィリピンから誕生するなど、Web3においてはグローバル、中でもアジアが重要なポジションを占めてきた。

こうした海外での成功事例を受け、日本においてもWeb3領域プロジェクトが急増してきており、トークンによる資金調達、グロースの具体的な支援について需要が高まっている。

アカツキはこのようなベンチャー支援の実績と加速するWeb3領域の成長トレンドを踏まえ、2021年にシンガポールにEmoote Pte. Ltd.を設立。25億円規模のWeb3領域特化ファンド「Emoote(エムート)」の運用を開始した。

「日本には優秀な起業家、才能を持ったクリエイターがおり、世界中で愛されるIPやコンテンツがある」として、「今後国内でも投資とグロース支援を強化するにあたり、Emooteのコンセプト、注力領域、投資実績を発表することにした」としている。

今後の展開

Emooteは海外での投資と並行して、日本国内のWeb3領域のスタートアップに対しての投資とグロース支援を積極的に行っていく。

Emooteの日本初の支援としては、YGG Japanへの投資を発表。さらに、日本第2号プロジェクトとして、エンターテイメント分野で日本からグローバルに挑戦するプロジェクトをミッション策定、事業、チーム、トークノミクス、資金調達など全面的に支援する。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します