米ロビンフッド、Web3ウォレット提供へ

イーサリアム基盤Web3

米大手投資アプリのロビンフッドは17日、年内にNFT・DeFiに対応した仮想通貨ウォレットを導入することを明らかにした。

この内容は、同社Vlad Tenev CEOがBlockworksが開催中のPermissionlessカンファレンスで伝えたものだ。Web3対応のウォレット導入によって顧客基盤を拡大する狙いがあると見られている。

4月上旬に、仮想通貨ウォレットをリリースした経緯がある。しかし、当初のバージョンは、ロビンフッドに入金したりロビンフッドから出金したりすることはできるが、メタマスクなどのようにWeb3の分散型アプリ(dApps)に接続することはできない。また、銘柄のエアドロップステーキング、NFTなどの機能にも対応しない。

関連米ロビンフッド、仮想通貨ウォレット正式リリース

なお、ライバルのコインベースは昨日、公式アプリからイーサリアム(ETH)基盤のWeb3アプリにアクセスする機能を公開する計画を発表したばかりだ。

関連米コインベース、イーサリアムdAppsへのアクセスを提供へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します