Glassnode週次レポート、変調きたした仮想通貨市場についてデータ分析

仮想通貨市況

18日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比+0.77%の390万円(30,183ドル)で推移している。

BTC/USD日足

3日足では、50MA(50日移動平均線)が200MA(200日移動平均線)を下回りデッドクロスした。海外トレーダーのLark Davis(@TheCryptoLark)氏によれば、同様のシグナルは過去にも-50%のドローダウンをもたらしている。

ビットコイン(BTC)は今年4月以降、米株市場のリスクオフやUSTショックの影響を受け、最大23,000ドル幅下落。下落率-47.67%に達した。

Glassnodeの分析

データ分析企業Glassnodeは16日、最新のニュースレターで市況に関する週次レポートを掲載した。

暗号資産市場は先週、USTショックの発生により広範囲にわたる影響を及ぼし、歴史的なボラティリティ(価格変動性)と混乱に見舞われた。

わずか数日間で、時価総額TOP10に入っていたテラ(LUNA)とアルゴリズム型ステーブルコインUSTの2つが、400億ドル近くの価値を事実上消し去った。すべてのチェーン上で記録された”純損失”は2日間連続で25億ドルを超えたが、この水準は歴史上でも最大規模になるという。

Glassnode

混乱の渦中では、金融市場全体のセンチメントの急悪化もあり、他DeFi(分散型金融)プロトコルや他ステーブルコインにも飛び火。担保型ステーブルコインであるはずのテザー(USDT)は一時0.9565ドルまで下落。より信頼性・安全性の高い担保型ステーブルコインであるUSDC、BUSDへの資金避難が進み、一時1〜2%のプレミアム(価格乖離)をもたらした。

出典:Glassnode

一方、USTは1ドルに復帰することなくペッグを完全に失い、仕組み上過剰供給されたLUNA価格はハイパーインフレを引き起こした。

テラ(LUNA)の非営利組織である「Luna Foundation Guard(LFG)」は、価格維持のための準備金を用意していたが、過度なリスクオフ局面では80,394BTCが売り圧力となり機能せず、買い支えは断念せざるを得なかった。

Glassnodeのデータ観測によれば、52,189BTCがOTC(相対取引)デスクを介して暗号資産取引所Geminiに送信され、28,205BTCが暗号資産取引所Binanceに送金されたことでLFGのウォレット残高は空になった。

lunabalance

Glassnodeは、「パニックを引き起こした投資家がセルサイドの売り圧力に加担したことで相場のオーバーシュートをもたらした」との見解を示した。

一方、相場の底についても言及。

過去のベア相場サイクルと、BTC価格が実現価格(Realized Price)を下回って取引された期間の割合を示した。

Glassnode

実現価格は実現時価総額を現在の流通供給量で割った額だ。市場価格に比べて、デリバティブ(金融派生商品)などの影響を加味せず、現物取引額を知るために適しているとされる。上記データを見る限り、近年になるほど(時間の経過とともに)相場の回復スピードも早まっており、20年3月のコロナショックでは、BTCが実現価格を下回った期間は7日間に留まった。

今月12日、1年半ぶりの最安値割れで26,513ドルまで急落した際、実現価格は24,000ドル付近にあった。

実現利益と損失の差を測定する「純未実現利益/損失(NUPL:Net Unrealized Profit/Loss)」を基にした分析によれば、NUPLが0.25を下回った2014年は、9ヶ月で底に。同じくNUPLが0.25を下回った2018年には、8ヶ月で底打ち反転しており、このサイクルに従えば23年2月までに相場が底を打つことが示唆されている。

Glassnode

関連:ビットコイン7週連続陰線は2014年以来、オンチェーンアナリストが探る相場の底は

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します