コインチェック、メタバースゲームThe Sandboxの仮想通貨「SAND」を国内初上場

SAND国内初上場

コインチェックは24日、メタバース(仮想空間)ゲーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の独自トークンである「SAND」の上場予定を発表した。

SANDの上場は国内初。

SANDの取扱い開始予定日時は、2022年5月24日の午後。SANDは、年率5.0%の「Coincheck貸暗号資産(レンディング)サービス」や「Coincheckつみたてサービス」にも対応する。

ザ・サンドボックスは、立方体を組み合わせてつくる3DCGのボクセルアート系ゲームであり、世界的に人気を博す「マインクラフト(Minecraft)」の世界観と似ていることも注目されている。

ユーザーはゲーム内でLAND(ランド)と呼ばれる仮想土地を所有することが可能で、地主になるとさまざまな特典がある。コインチェックは、過去にNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて複数回ランドセールを行うなど、ザ・サンドボックスのプロジェクトを精力的に支援、提携を模索してきた経緯がある。

今年3月には、ザ・サンドボックス内に近未来的なメタバース都市「Oasis TOKYO」の建設を発表して反響を呼んだ。

関連:コインチェック、The Sandboxのメタバース上で近未来都市「Oasis TOKYO」開発へ

The Sandboxの開発企業であるアニモカブランズには、国内大手ゲーム企業であるスクウェア・エニックスなども出資するなど、Web3時代のフロンティアとして有望視されている。

スクウェア・エニックスは20年3月、アニモカブランズの2.3億円の資金調達ラウンドを主導したほか、「ザ・サンドボックス」でランドを購入・保有済。RPGゲーム「Dungeon Siege(ダンジョン シージ)」などのゲームIP(知的財産権)をメタバースに導入し、新しいユーザー体験の展開を発表している。

同社の松田洋祐社長は2022年の年頭所感にて、NFTブロックチェーンゲームなどのweb3型分散型ゲームもポートフォリオに取り込んでいきたいと抱負を述べていた。

関連:スクウェア・エニックス、ブロックチェーンゲーム事業本格化へ

SANDとは

SANDは、時価総額39位の暗号資産(仮想通貨)。ローンチを控えるメタバースゲーム『The Sandbox』内で流通しており、時価総額2位のイーサリアム(ETH)基盤のERC20トークン。

メタバースゲーム『The Sandbox』は、イーサリアムブロックチェーン上に構築されており、ユーザーはアバターを操作しながらゲームへの参加、アイテムの購入などに「SAND」を利用することができる。

また、「SAND」は将来的に『The Sandbox』のゲーム運営へ参加するガバナンストークン(議決権)としての役割を担うとされている。

関連:メタバース系NFTゲーム「The Sandbox(SAND)」とは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します