FTXなど、テラ2.0とLUNAのエアドロップに対応予定

テラ復興プラン2実施へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは26日、LUNAとUSTのブロックチェーン移行およびLUNAのエアドロップに対応する予定を発表した。

昨日、テラブロックチェーンの復興プラン2がコミュニティ投票によって可決された。FTXはそれに対応する形だ。

FTXは、日本時間26日23時に現在のLUNAをLUNCに、USTをUSTCに変更。Cとは、クラシックの意味で、既存のテラブロックチェーンはテラ・クラシックになる。また、新たなテラ・ブロックチェーン「テラ2.0」は、USTというアルゴリズム型ステーブルコインモデルを用いない形になる。

また、26日21時にはLUNAとUSTの入出金を停止し、全ての現物および先物取引も停止する予定。

エアドロップについては、LUNAとUSTがFTXの口座にある場合、スナップショット(権利確定日)に応じて、新バージョンのLUNAが付与される。詳細は今後の発表で明らかになるという。

FTXのほか、HuobiやBitrueといった取引所も相次いでテラ2.0への移行対応を発表している。また、バイナンスはまだ具体的な対応を発表していないが、「テラチームと連携している」としている。

関連テラUSD(UST)のディペッグ騒動 Terraform Labs社や取引所の対応まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します