ビットコインを購入しない主な理由は「理解不足」 米企業の市場調査で明らかに

ビットコインに関する意識調査

米フィンテック企業Block社(旧スクエア)が実施したビットコインに関する意識調査で、ビットコインを購入しない主な理由として、「よく知らないため」がトップとなったことがわかった。

同社は米市場調査会社「Wakefield Research」と共同で、14カ国の9,500人を対象に今年1月から2月にかけて、ビットコインの知識と認識に対する調査を行った。対象国は以下の通り:

  • 南北アメリカ:米国、カナダ、アルゼンチン
  • アジア太平洋:日本、中国、ベトナム、インド、オーストラリア
  • 欧州:英国、フランス、ドイツ、イタリア
  • アフリカ:ナイジェリア、南アフリカ

購入しない理由として、「ビットコインについて十分に知らない」と回答したのは全体の51%を占め、その他の理由として、「サイバーセキュリティや盗難リスク」(32%)や「価格変動の大きさ」(30%)が挙げられた。

また、ビットコインや暗号資産(仮想通貨)に関する知識のレベルによって、今後の購入予定に影響することも判明した。例えば、自身の仮想通貨の知識について「かなり〜専門家レベル」と回答したグループでは、41%が来年ビットコインを購入する可能性があると答えたのに対し、「知識がない〜非常に限られている」グループは、7.9%に止まった。

また仮想通貨に関する知識のレベルは、ビットコインの将来の見通しについても影響しているようだ。国別に見ると、最も楽観的な見通しを持っていたのは、ナイジェリア、インド、ベトナム、アルゼンチンの4カ国で、これらの国に共通していたのが仮想通貨に関する回答者の知識レベルの高さだった。

所得レベルによっても、ビットコイン購入の理由は異なるようだ。高所得の回答者の多くは、投資が主な理由だったが、低所得のグループでは決済や送金が主な理由に挙げられた。

ビットコインは世界のスタンダード

今回、ビットコイン意識調査を行ったBlock社は、ツイッターの共同創業者で、ビットコイン信奉者のジャック・ドーシー氏がCEOを務めている。ドーシー氏は18日に行われたBlock 社の投資家説明会で、改めてビットコインに対する自身の信念を表明した。

同氏はビットコインを「グローバルな資金伝送のオープンスタンダード」と形容し、Block社全てのビジネスを迅速に世界に展開することを可能にすると述べた。

ドーシー氏は、技術的にインターネットのネイティブ通貨としての役割を果たせるのは、ビットコインのみだと主張。他の通貨と比較して、開発の進展が遅いと批判されるビットコインだが、「お金の保管と伝送に必要な属性を維持するために、慎重を期している結果だ」と説明した。

関連:ブロック社ドーシーCEO「ビットコインはインターネットのネイティブ通貨」

Block社は、もはや「単なる決済企業」ではなく、仮想通貨関連事業や音楽ストリーミング事業など、さまざまな事業を通して多種多様なユーザーが「経済アクセスの障壁」を克服できるよう、取り組んでいることを強調している。

関連:米キャッシュアプリ、ビットコイン収益が前年同期比で五割減

関連:仮想通貨ビットコインとは|初心者でもわかる注目ポイントと将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します