CoinPostで今最も読まれています

ブロック社ドーシーCEO「ビットコインはインターネットのネイティブ通貨」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインの優位性を解説

米ツイッター社の共同創業者で、決済企業ブロック社のジャック・ドーシーCEOは1日、マイクロストラジー社のオンラインイベント「Bitcoin For Corporations」に参加。暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の優位性と企業がBTCを取り入れるメリットを語った。

イベントはマイクロストラテジー社が主催したもので、ビットコインを企業資産、または決済手段として取り入れる理由をテーマに行われている。同社は1日にも、28億円相当の660BTCを追加購入を表明したばかり。上場企業としては最多の125,051BTCを保有する。

関連:米マイクロストラテジー、28億円のビットコイン買い増し

ドーシーCEOは21年11月末にツイッター社のCEO職を辞任しており、今回のインタビューは辞任表明後初の登壇となった。

関連: ツイッター社、ジャック・ドーシーCEOが退任

ビットコインの優位性

以前からビットコインへの支持を公表しているドーシー氏は、マイクロストラテジー社のマイケル・セイラーCEOとのトークセッションに参加。セイラー氏が、なぜドーシー氏がビットコインを「インターネットのネイティブ通貨」として推進しているかについて尋ねると、ドーシー氏は以下のようにコメントした。

ビットコインへの関心が、やがて世界の仕組みについて考えるきっかけになる。また、通貨としての観点からもビットコインは素晴らしいソリューションだ。

米政府などの中央集権の判断に左右されない、インターネットならではのネイティブ(基軸)通貨として優れていると思う。

ドーシー氏は、ビットコインがオープンソースで透明性が高い点を評価。また、発案者のサトシ・ナカモトが早期にプロジェクトを離脱後もその理念が根付いている点や、開発モデルや実装、運用も透明性を維持したまま12年~13年経過してもなお存続している点を要因として挙げた。

さらに、既存金融や大手企業からは、このような世界中に分散化されてオープンな状態で開発が進むことはあり得ないとコメント。2008年の金融危機直後に決済企業のスクエア社(現ブロック社)や決済アプリCash Appで金融企業と関わったドーシー氏は、クレジットカードなど、従来の金融サービスはコストの仕組みがブラックボックスの部分が多い(不透明性が高い)と批判した。

そして、誰でも自由に参加できる透明性の高いネットワークであるビットコインは、テック企業や一般市民、また活動家などにとってインターネットの基軸通貨がある点は新たな可能性を生み出すことにつながると語った。

ビットコインは「究極的な自由市場」

さらにドーシー氏は、「ビットコインの崇高な理念は、生みの親のサトシ・ナカモト無しでも生存し続ける点である」と称賛。ビットコインついて学ぶことで、結果的に人々は世界金融の既得権益について考え、関心を持つきっかけになるとコメントした。

サトシがビットコインにもたらしたこの精神(エソス)は開発者やノード運用者、マイナーや保有者などに広まっていったとしている。

これに対しセイラー氏は、「ビットコインは究極の自由市場である」とコメント。ドーシー氏もこの見解に同意し、ブロックチェーン界隈で頻繁に利用されるフレーズである「don’t trust, verify」(信頼するな、検証せよ)という格言にこの思想が定着していると分析した。

さらに、ビットコインがここまで注目を集めた理由については、以下のようにコメントした。

お金のような重要な価値システムであるビットコインが、ここまで透明性を維持できている点は前代未聞だ。

特に通貨に関するシステムは世界中の人々が影響を受ける。一般的には、政府や企業によって不透明な壁(不可侵の領域)が構築されていることから印象は良くない。

その点、ビットコインはこのような既得権益に一石を投じるからこそ、ここまで注目を集めているのではないか。

企業にとってのビットコインの影響力

さらにドーシー氏は、もしツイッターのサービスが始まる前にビットコインがインターネットのネイティブ通貨となっていた場合、現在のように”広告に頼る”ビジネスモデルにはなっていなかっただろうと分析。ビットコインを利用すれば、複数の事業モデルに頼ることが可能になるため、一つのモデルに頼り過ぎることがなくなると述べた。

また、ドーシー氏が設立したスクエア社は、各地の銀行など金融機関と関係を構築して、各国の規制当局の基準にも対応する必要があると説明。アイルランドやスペインでは規制環境が全く異なるため、各国の規制に準拠するためには時間がかかり、オーストラリアでのサービス開始には2年、日本でのローンチにも1年半かかったとした。

対照的に、決済アプリでビットコインが利用できれば、世界中全てのマーケットに容易に参入できるとコメント。新たな事業形態も可能にすると語った。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア