米SEC、現物ビットコインETF申請を再び非承認

米SEC(証券取引委員会)は27日、大手投資会社One River Asset Managementの申請した現物ビットコインETFに対して、非承認の判断を下した。

このETFはビットコイン(BTC)の運用のほか、炭素中立のためのクレジットを購入する仕組みも組み込まれるものだ。

SECは声明で、これまで全ての現物ビットコインETFを非承認してきたように、「相場操縦や詐欺行為を防ぎ、投資家の利益を守るための要件を満たしていない」といった懸念点を挙げている。

一方、米ARK Investmentsは今週、再挑戦する形で再び現物ビットコインETFの申請をSECに提出した。

関連米Arkと21Shares、現物ビットコインETF申請に再挑戦

関連カナダのビットコインETF、約7,000BTCが流入

ETFとは

「Exchange Traded Fund (上場投資信託)」の略。投資信託の中でもETFは証券取引所に上場しているため、株式と同様に売買ができる。ビットコインやイーサリアムのETFがローンチされている国もあるが、米国では申請が承認された事例はない。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します