テザーUSDT、ポリゴンでローンチ

ポリゴン版USDT

仮想通貨ステーブルコイン発行最大手のテザーは27日、イーサリアムレイヤー2ネットワーク ポリゴン(MATIC)でUSDTをローンチすることを発表した。

ポリゴンはテザーが採用した11番目のブロックチェーン。ほかには、Omniやイーサリアム、ソラナ(SOL)、トロン(TRX)、アバランチ(AVAX)といったブロックチェーンも利用している。

関連初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

今回ポリゴンを採用することによって、そのエコシステムの強化につながるとテザーは掲げている。現在ポリゴン上で稼働するdAppsは19,000を超えている。

なおテザーは26日、メキシコペソにペッグするステーブルコインMXNTをローンチすることを発表した。

関連テザー、メキシコペソのステーブルコインをローンチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します