米Circleの決済サービス、ポリゴン版USDCに対応開始

ポリゴンでUSDC決済も可能に

ステーブルコインUSDCを発行し、暗号資産決済サービスを提供する米Circleは7日、ポリゴン(MATIC)基盤のUSDCに対応することを発表した。

具体的にはCircleの決済及び財務管理プラットフォームがポリゴン版USDCに対応し、ユーザーはCircleのプラットフォームから直接ポリゴン版USDCを利用することができる。

今回はCircleが初めて対応するイーサリアムのL2ネットワークとのブリッジとなる。ユーザーはブリッジにおけるコストを支払うことなく、イーサリアムとポリゴンの間を介してUSDCを移せるという。

USDCは時価総額No.2の米ドルステーブルコインで7兆円を超えている。現在、ポリゴンやアバランチ(AVAX)イーサリアム(ETH)、アルゴランド(ALGO)、ステラ(XLM)、ソラナ(SOL)、へデラ・ハッシュグラフなどのブロックチェーンにも対応している。

なお、米大手送金企業マネーグラムは先日、ユーザーがUSDCによる即時送金を行えるようにサービスのローンチ準備を進めていることが報じられていた。

関連送金大手マネーグラム、USDC送金サービスをローンチへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します