新規の国内仮想通貨銘柄、上場前審査の撤廃に向け検討開始=報道

上場後のモニタリング体制へ

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所が新規銘柄を取り扱う際の上場前審査の撤廃について、検討が開始されたことがわかった。一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)は、年内の判断を目標としているという。複数の情報筋の話として8日に『ブルームバーグ』が報じた。

まだ日本には流通していない仮想通貨銘柄の審査を簡略化するために、同協会は上場前の事前審査ではなく上場後のモニタリング体制への移行を検討している。上場後に問題が発覚した場合には、取り扱いを停止させる処置が取られるという。

この方針は、グローバルな仮想通貨及びWeb3(ウェブ3)業界の成長スピードと、各国の規制面の慣習に即したものと見られる。6月1日時点に172種類の仮想通貨を取り扱う米国の主要な仮想通貨取引所Coinbaseでは、法務、コンプライアンス、技術的なセキュリティ要件を満たす銘柄はリストし、事後のモニタリングで要件を満たさなくなったり、新たに情報が更新された場合に上場廃止処置を取る。

関連:日本初、ポリゴンがbitbankに上場へ

現状、国内で新規取扱いを検討する銘柄における仮想通貨審査プロセスは、JVCEAの会員(暗号資産取引業者など)が自社評価を行い、それらをまとめて協会(JVCEA)に提出して、審査される流れになっている。

現状のプロセスだと上場申請から審査完了までおよそ「半年以上」かかるなど、顧客保護の仕組みと安全性を優先するがあまり、他国と比較してトレンドに出遅れるなどスピード感に欠けるという課題があった。

こうした課題は、日本政府が7日に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2022(骨太方針2022)」でも言及されている。政府はWeb3(分散型ウェブ)の環境整備を本格化していく意思を示しており、「暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産を新たに追加する際、認定自主規制団体の事前審査に長期間を要している」と指定した上で、「利用者保護に配慮しつつ、審査基準の緩和を行う」と述べていた。

関連:日本政府、Web3の環境整備を本格化 骨太方針を閣議決定 

仮想通貨審査における経緯と今後

なおJVCEAは、プロジェクトが新しい仮想通貨を発行して資金調達を行う「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」への適用は検討していないという。関係者は「事前審査が撤廃されたとしても同協会への届け出は今後も必要になると考えている」と述べている。

JVCEAは、仮想通貨の交換業とデリバティブ取引業の自主規制団体。金融庁(FSA)はJVCEAに銘柄審査の権限を委ねている。今年3月にJVCEAは、すでに国内の他の取引所が取り扱っている銘柄について一定の条件を満たしていれば、協会による審査は無しで取り扱いを可能にする「グリーンリスト」制度を導入した。ここでも、モニタリングや監査において協会の事後的な確認が付随される。

出典:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

同協会は3月に仮想通貨審査における経緯と今後の展望を公開。次の課題として、「ICO/IEO案件における開示の推進」、「国内取扱い仮想通貨のブロックチェーンエクスプローラの集約」といった目標を挙げるなど、国内仮想通貨業界の活性化に向けて積極的な姿勢を見せていた。

関連:JVCEA、国内の仮想通貨上場審査を大幅効率化へ 「グリーンリスト制度」など導入

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します