ブルームバーグターミナル、50銘柄の仮想通貨データを提供

50銘柄のデータを提供

米大手金融メディアブルームバーグが提供するリアルタイム配信ソリューション「ブルームバーグターミナル」に、40銘柄の暗号資産(仮想通貨)の価格データ等情報が追加された。

ブルームバーグターミナルは、多くの金融機関やプロトレーダーが利用するマーケットデータやニュース、独自のリサーチの集合プラットフォーム。今回はソラナ(SOL)やBNBなどを含む時価総額トップ40の銘柄を追加し、合計50銘柄のデータを提供することになった。

昨年の3月にはエイダ(ADA)やOMG、EOS、チェーンリンク(LINK)、テゾス(XTZ)、ステラ(XLM)、およびOXT(Orchid)を追加した。なお、以前からはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)XRP、ライトコイン(LTC)などのデータも提供している。

関連https://coinpost.jp/?p=226106

ブルームバーグのプロダクトマネージャーAlex Wenham氏は発表で「我々のミッションは、世界の機関投資家コミュニティが、ブルームバーグ・ターミナル上で信頼できる身近な方法で、仮想通貨をシームレスにワークフローに取り込むことができるよう支援すること」と述べている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します