バイナンス、ビットコイン出金を再開

原因は技術的な問題

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは6月13日の夜に一時的に停止したビットコイン(BTC)の出金を14日に再開したことを発表した。

バイナンスは13日21時ごろに、「トランザクションの渋滞」を理由にBTCの出金を一時的に停止。「送金手数料の不足」が原因でバイナンスにおけるビットコイン出金で「バックログ」が発生したと説明。

数時間の停止状態を経て、バイナンスは14日にBTCの出金を再開した。昨日レンディング大手Celsiusによる突然の出金停止を背景に、今回BTCの停止期間中には一部のユーザーから流動性に対する懸念が上がっていたが、流動性とは関係なく技術的な問題だったようだ。

関連レンディング大手セルシウス(Celsius)、資金引き出しの一時停止を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します