レンディング大手セルシウス(Celsius)、資金引き出しの一時停止を発表

Celsius Networkが出金サービス停止

最大年利17%を謡う暗号資産(仮想通貨)の貯蓄口座と、融資サービスを提供するCelsius Network(セルシウスネットワーク)は13日、「極端な市況」を理由に顧客資金の引き出しを一時的に停止することを発表した。

オンチェーン分析から、Celsiusが顧客資産と思しき大量の資産をDeFi(分散型金融)で運用してきた履歴が以前から指摘されていた。これまで直面した複数のハッキング被害と直近の「stETH」の価値下落により、同社が流動性危機に直面しているとの憶測が広まっている。

リリースによると、Celsius Networkは資金の引き出しだけでなく、仮想通貨のスワップ機能や口座間の送付機能も停止している。サービス再開の目途は示されていない。

当社は、顧客に対する義務を果たすために資産を保護・保持するという一点に集中して活動している。当社の究極の目的は、流動性を安定させ、出勤、スワップ、口座間の移動をできるだけ早く復旧すること。様々な選択肢を検討するために多くの作業があり、プロセスには時間がかかり、遅延が発生する可能性がある。

流動性危機とは

流動性危機とは、企業が引き出し可能な資産または換金しやすい資産が枯渇している状態。調達金利が運用金利を上回って(逆ザヤ)になる場合や、及び運用期間と調達期間の差が大きい場合に金利変動で逆ザヤになるリスクもある。

▶️仮想通貨用語集

Celsius Networkとは

連続起業家のAlex Mashinksky氏によって2017年にロンドンで設立されたCelsius Networkは、仮想通貨を預入れた投資家に高い利息を支払う貯蓄プラットフォーム。また、低金利の融資も行う業界大手レンディング・プロバイダー。

2018年3月のICOで約60億円(5,000万ドル)を調達、19年初旬に仮想通貨の取引・貯蓄・融資を行う総合ウォレットサービスをローンチ。最大年利(APY)17%と低い手数料、そして強力なコミュニティによる支持により急成長を遂げ、2021年2月時点にユーザーベース40万人強、預かり資産は1兆円強(90億ドル)を超えた(当時の為替レート)。

17%もの高い固定金利は、顧客から借りた資金を運用して収益の80%を貯蓄・借入の報酬としてユーザーに還元する形で実現する。公式FAQでは、流動性危機に陥らないよう、「すべての仮想通貨ローンが最大150%担保されている」と約束されていた。

CeFi(中央管理型金融)であるため、Celsius Networkの財務情報はDeFiプロトコルのようにブロックチェーン上で完全に公開されていない。しかし、Celsius名義のウォレットに紐づくオンチェーンデータからはその一部が垣間見れる。直近では、Celsiusウォレットからのイーサリアム(ETH)の出金量が増加傾向にあり、5週間程で流動性が枯渇する見方も出ていた。

Celsius Networkの流動性危機

Celsiusは以前から、DeFiを利用して顧客の預かり金でイールドファーミングを行ってきたと見られている。過去には、DeFiでの不正流出に巻き添え被害を受けた事案も伝えられている。

Celsiusは、21年6月のStakeHound事件で約90億円(7,000万ドル)、21年12月のBadgerDAO事件で約56億円(5,000万ドル)を失ったと見られている。

関連:仮想通貨レンディング大手Celsius、DeFiプラットフォームの不正流出で損失

関連:委託されたイーサリアム80億円相当のアクセス権喪失か、大手カストディFireblocksが告訴される

そして、おそらく22年5月のLuna/USTの崩壊でも、関連情報から少なくない規模の損害を被った可能性が指摘されている。

関連:USTディペッグ騒動の引き金とは、ブロックチェーン分析企業Nansenの調査レポート

Celsiusはさらに、445,000 ETHをリキッド(流動的)ステーキングプロバイダー「Lido」で運用していると分析されている。ここでステークされたETHは、イーサリアムの「The Merge」が成功して次のアップデートが完了する約1年後まで引き出すことができない。

こうしたリスクを反映して債権トークン「stETH」の価値はETH価格を5%下回る状況が継続している。さらには分散型取引所CurveのstETH市場の流動性が低下しており、スリッページリスクのために損失なしにETHにキャッシュアウトし難い状態となっている。

実際のところ、Celsiusの財務状況は定かではない。しかし、13日の顧客資金の引き出し停止は、これらの憶測に信憑性を持たせる。

取り付け騒ぎを防ぎつつ引き延ばしを図り、その間に方々から流動性を調達するための処置と考えると筋が通る。一部では、Celsiusが抱える大量のstETHを割引価格で買い取るための交渉がOTC(相対取引)で進められているとも伝えられている。

仮想通貨データベースサイト「Etherscan」によると、13日までの3日間に「Celsius」とラベリングされたイーサリアムウォレットからは約104,000ETH(約200億円)と約9,500 WBTC*(約300億円)が大手仮想通貨取引所に送られたことがわかっている。*ラップド・ビットコイン(イーサリアム・チェーン上で流通可能版のビットコイン)。

関連:イーサリアム関連「stETH」の価格乖離、その背景は

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します