シンガポールの大手ヘッジファンド、520億円相当のポジション清算か

520億円のポジション清算か

シンガポールの大手暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドのThree Arrows Capitalが、債務超過の危機に瀕しているとの疑惑が浮上している。

事情に詳しい関係者の話としてCoinPost提携メディアThe Blockが15日に報じた内容によると、昨今の相場の大幅急落の影響で、同社が業界トップのレンディング企業に抵当に出していた計520億円(4億ドル)もの証拠金が清算されたという。その後も、Three Arrows Capitalは複数のレンディングプロバイダーで保有する債務の調整に追われているとした。

Three Arrows CapitalのZhu Su CEOは15日午前10時、問題解決に向け、関係者と全力で取り組んでいることを報告。困難な状況に陥っている事実を窺わせた。

関連:仮想通貨投資企業Three Arrows、450億円相当のETHを購入

債務不履行の影響

Three Arrows Capitalは、オランダのオプション取引所Deribitや仮想通貨貸借プラットフォームBlockFiなどに出資する業界きっての投資会社。アバランチ(AVAX)ポルカドット(DOT)イーサリアム(ETH)も大量に保有しており、市場のピーク時に1兆円(100億ドル)規模を運用していたとされる。

しかし、Three Arrows Capitalは多額の投資をしていたテラ(LUNA)のエコシステム崩壊により莫大な損失を被ったとされる。上記の3つの仮想通貨も過去30日間で50%前後下落しており、DeFi(分散型金融)レンディング市場では、同社に関連付けられたウォレットアドレスの保有ポジションの清算リスクが高まっている。

執筆時点で同アドレスは、レンディングプロトコルAAVEに約300億円相当のETHを担保に出しており、240億円相当の米ドル・ステーブルコインを借り入れている(AAVEで、ETHのローン率は75%)。該当ポジションの清算ラインはETH価格で1014ドル(136,459円)だ。

現在進行形でUSDT/USDCの返済とETHの出金を繰り返す作業が実行されており、約24時間で計50,000 ETH(約70億円)のデレバレッジが展開された。

匿名リサーチャーの見解によると、Three Arrows Capitalは資金を工面するためにStarkWare(L2スケーリングソリューション)などの有望な投資先の株式や上場前トークンを抵当に入れているという。

また、同社がBlockFi、Genesis、Nexo、Celsiusといった業界最大手の融資会社から資金を借り入れているとして、債務不履行が起きた場合にこれらの企業の自己資本が損失を被るなどの影響を指摘した。

暗号資産(仮想通貨)の大手レンディングプロトコルCelsiusもまた、13日に顧客資金の出金を停止するなど、流動性危機が懸念されている。14日には法律事務所アキン・ガンプ・ストラウス・ハウアー・アンド・フェルドを雇い、財務リストラを検討しているとも報じられた。

Nexoは過去数ヶ月間にDeFiでのポジションを減らしてきたことを強調しており、Celsiusが保有する適格資産の購入を打診するなど財務の健全性をアピールしている。

関連:仮想通貨融資大手セルシウスの出金停止、競合他社の反応は?

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します