CoinPostで今最も読まれています

分散型融資プロトコルSolendで大口ポジションの清算懸念、SOL市場への影響は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Solendの大口ポジションのリスク

ソラナ(SOL)ネットワークの分散型融資プロトコルSolend上で、あるクジラ(大口投資家)の保有するロングポジションの清算リスクが危惧されている。19日にはリスク緩和を図りたいDAO(分散型金融)による緊急提案「SLND1」がスピード可決され、論争の的となった。

プロトコルがユーザーポジションを調節するという中央集権的な内容と、提案が可決されるまでのプロセスの不公平性が問題視された。20日には「SLND2」が提出されており、SLND1の取り消しと大口ポジションの対策のやり直しに向けて投票が進められている。

事の発端は、大規模なアカウント(クジラ)がSolendとそのユーザーに負担をかけるほどのポジション清算の危機に直面していることにある。

該当アカウントは、Solend Labsに570万 SOL(1億7000万ドル)を預け入れ、1億800万ドル相当の米ドル・ステーブルコイン(USDCとUSDT)を借り入れている。この額はSolendのTVL(預入総額)の25%に相当する。

クジラポジションによる影響は主に2つあるとされる。

まず、プロトコルが不良債権を負うリスクへの懸念から、多くのユーザーがステーブルコインを出金した結果、主要ステーブルコインであるUSD Coin(USDC)とテザー(USDT)の利用率が100%まで急騰。逃げ遅れた流動性提供者の資金は拘束され、USDCやUSDTを担保にした債務ポジションも清算できない状態に陥っている。

ステーブルコインとは

ボラティリティ(価格変動性)の大きな暗号資産市場において、米ドルなどの法定通貨に価値を連動させることで価格の安定を図るように設計された暗号資産。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズム型ステーブルコインも存在する。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

そして、さらなる市場の急落により仮にソラナ(SOL)の価格が22.30ドル水準まで下落すると、このアカウントは借り入れ総額の最大20%(2,100万ドル)を流通市場で清算する。約27億円(2,100万ドル)もの売り圧力は流通市場で吸収しきれる規模ではなく、SOLのさらなる急落につながり、グローバルマーケットであらゆるポジションが連鎖的に清算されるリスクがあるという指摘だ。

関連:ビットコイン一時2万ドル回復、マイナー(採掘業者)の売り圧力は上昇傾向

SLND1

「Mitigate Risk From Whale(クジラによるリスクの緩和)」と名付けられた最初の提案「SLND1」の要旨は、Solend全体のTVLの20%以上を占める大口ポジションに対して、35%の清算上限を特別に設置するもの。

さらに、スマートコントラクトの更新により、Solend Labsにクジラのアカウントを一時的に引き継ぐ「緊急権限」を付与し、OTC(相対取引)で清算を行うことでリスク軽減を図ろうとする。

クジラによる最終アクションは12日前、運営によるポジション調整の要請には一切応じずポジションは放置されたまま。そのため、この提案と投票が19日に突如立ち上がり、97%の賛成率で可決した。

OTCでの処理は、SOL価格への影響を抑えられる利点と引き換えに、スマートコントラクトでプログラム化されたプロトコルを侵害する行為でもある。

Solendが顧客のウォレットを調節することは、中央管理者が必要ない「DeFi(分散型金融)の精神が否定されるだけでなく、そもそも違法である」と、Delphi Digitalの法務役員は指摘する。

Ava Labsの創設者兼CEOであるEmin Gün Sirer氏は、SLND1を通過するためだけに DAOが急遽設置され、見せかけの投票プロセスが取り繕われたことを批判した。投票率は1.13%で定足数1%をかろうじてクリアしたに過ぎず、その賛成票の大半が1人に依存している。

関連:チェーンリンクがソラナをサポート DeFiに価格フィードを配信

SLND2

Solendは20日、「Invalidate SLND1 and Increase Voting Time(SLND1を無効にし、投票時間を増やす)」と題した提案「SLND2」の投票を開始した。クジラウォレットの危機に対して緊急付与権なしの別の解決策を再検討するとしている。また、スピード可決したSLND1への批判を考慮して、SLND2は今後の解決策の投票時間を「24時間」とするよう提起している。

SolendのRooter共同創設者は以下のように述べている。

SLND1について多くの方から批判を頂き、その方法を検討してきた。

SOLの価格は(現時点では)着実に上昇しており、より多くの意見を収集し、代替案を検討するための時間を得ることができた。我々は、1日という投票期間がまだ短いことを認識しているが、システミックリスクと通常のユーザーがUSDCを引き出すことができないという事実に対し、迅速に行動する必要がある。

執筆時点でSLND2は最少限度の出席者数である「定足数」に達しておらず、残り1.5時間で投票が終了する。前回の提案では、1つのアカウントが参加したことで定足数をクリアして可決された。

関連:ソラナネットワークで断続的なトランザクション障害発生

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア