CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン一時2万ドル回復、マイナー(採掘業者)の売り圧力は上昇傾向

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

週明け20日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比+6.6%の269万円(19,930ドル)と反発した。

BTC/USD 日足

ショートカバーで一時2万ドルを回復したが、戻り売り圧力にさらされるなど上値の重さも目立つ。

Glassnodeによれば、16〜19日のビットコイン実現損失は73億2,500万ドルに達し、過去最高記録を更新した。2万ドルの節目を底割れたことで、1年以上保有する長期投資家までもがパニック売りに陥ったことを示唆する。

複数の懸念材料

DeFi(分散型金融)市場規模拡大と共に成長してきたイーサリアム(ETH)のエコシステムは、ここ数ヶ月は負の連鎖に陥っている。

関連:仮想通貨市場の「負の連鎖」に強い警戒感、ビットコイン下落で2万ドル節目に再接近

仮想通貨暴落で莫大な損失を被ったとされる大手ベンチャーキャピタル「Three Arrows Capital(3AC)」が債務超過に陥ったとして関連情報が錯綜し、リスク回避売りが先行したことも背景にある。

また、仮想通貨のレンディング大手Celsius Network(セルシウスネットワーク)が臨時的な出金停止措置を発表し、Aaveからラップドビットコイン(wBTC)の流動性を引き出したことも投資家心理を悪化させた。

詳細:レンディング大手セルシウス(Celsius)、資金引き出しの一時停止を発表

セルシウスは、最大APR18.6%の高い利回りを維持するため、顧客の預かり資産でDeFiの流動性マイニングを行うなどハイリスクな運用戦略を取っていた疑いがあることがウォレット分析等から判明している。

詳細:仮想通貨融資大手セルシウス、財務再編巡り弁護士事務所と協議か

なお、22年4月時点で約30億ドルの資産を運用していた3ACは、アルゴリズム型ステーブルコインUST(TerraUSD)ディペッグ騒動を受けて暴落したテラ(LUNA)のプロジェクトにトークンセールを通じて約270億円(2億ドル)出資していたとされる。

昨今の金融市場の市況悪化を背景に、先週火曜日にはLido Staked Ethereum(stETH)を含む資産売却を開始したことが明らかになったほか、17日には3ACが暗号資産の融資大手Genesis TradingとBlockFiのマージンコール(追加証拠金要求)に応じることができず、大量保有するポジションを強制清算されたことが報じられた。

関連:大手ヘッジファンド「Three Arrows Capital」、ビットコインのポジションを強制清算か=FT報道

ウォール・ストリートジャーナルによれば、外部企業からの救済策を含め、複数の選択肢を検討している。

マイナー情勢

ビットコイン(BTC)の採掘速度を示すハッシュレートが、前週比10%以上下落した。

ハッシュレート推移(blockchain.com)

12日時点で過去最高の231.4TH/sだったが、18日時点で205.1TH/sとなっている。

ハッシュレートは、中国の仮想通貨全面禁止令でマイニング事業者の締め出しがあった21年6月に急落する場面があるも、大手マイナーの海外移転が進むにつれ回復。採掘マシンの性能向上に伴い、右肩上がりに上昇してきた。

2018〜2019年の弱気相場同様、「損益分岐点」を割り込み採算が取れなくなった場合、大手マイナーが保有する旧型マシンの稼働停止を余儀なくされたり、中小マイナーがマイニングファームの閉鎖・撤退に追い込まれるリスクが高まる。

オンチェーンアナリストのWilly Woo氏は以前、過去の相場傾向から「下落トレンドが長引いた場合、効率性の悪いマイナーは収益性を保てず、事業撤退や採掘コスト補充のため、採掘済みのビットコインの大量売却を余儀なくされるシナリオもあり得る」と分析した。

その上で、マイナー崩壊を可視化する「Hash Ribbons(ハッシュリボン)」を取り上げ、マイナー情勢の可視化によりトレンド転換の予兆を察知するのに役立つ可能性があるとの見解を示した。

ハッシュリボンは、ハッシュレートにおける30日移動平均線と60日移動平均線の2つを観測することで、マイナー動向から相場を予見するための指標の1つ。過去の相場サイクルでは、降伏シグナルが出た後に売り圧力が一巡するとビットコイン価格が回復する傾向にあった。

マイナーの降伏シグナルを意味するデッドクロスを経て、ゴールデンクロスへと転換した場合、弱小マイナーが淘汰され、効率的なマイナーが台頭するなど世代交代が進んだことを示唆する。(下図)

ハッシュリボン(19年11月〜20年11月)

オンチェーンアナリストのWill Clemente(@WClementeIII)氏は、ビットコイン(BTC)価格の大幅下落により、ハッシュプライスが20年10月以来の最低値まで下落したことを指摘。直近の相場でマイナーによる売り圧力が上昇していることを指摘した。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧