チェーンリンクがソラナをサポート DeFiに価格フィードを配信

チェーンリンクがソラナをサポート

分散型オラクルネットワークのチェーンリンク(LINK)は3日、暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)のブロックチェーンで価格フィードを提供することを発表した。EVM(イーサリアム仮想マシン)と互換性のないブロックチェーンがサポートされたのは、ソラナが初めて。

チェーンリンクはソラナの開発者にとって、ブロックチェーン領域で最も広く使用されている価格フィードを使用できるようになった。「ソラナの高速ブロックチェーンは、高頻度の価格データをdAppsに配信できるため、開発者は新しいプロダクトを構築できる」と、ソラナのAnatoly Yakovenko共同創業者は述べている。

ソラナ・エコシステムのプロジェクトでは、金利アグリゲーターFrancium、Tulip、ローン市場Apricot Financeといったプロトコルが最初にチェーンリンクの価格フィードを使用する。

チェーンリンクの価格フィード(BTC/USD、ETH/USD、USDC/USDなど)はDeFi(分散型金融)市場の実質的な業界標準となっている。多くのブロックチェーンとレイヤー2ネットワーク上で、ローン市場(Aave、Compound)やデリバティブ市場(dYdX、Synthetixn)を含む数百種類のDeFiアプリケーションに使用され、チェーンリンクの価格フィードを使用するアプリケーションのTVLの総額は約5兆円(373億ドル)に上る(執筆時点)。

EVMとは

スマートコントラクトを実行するための「翻訳機」として機能する。ブロック生成の度にトランザクションやスマートコントラクトを実行してネットワークの状態を計算する役割を担う。

▶️仮想通貨用語集

関連:仮想通貨 Chainlink(チェーンリンク)とは|仕組みを解説

価格フィード以外の機能

今後数か月以内に、価格フィード以外のオラクル・サービスもソラナで利用可能になる。

チェーンリンクのオラクルネットワークは、ブロックチェーン外部のAPI(ソフトウェアやプログラム、Webサービス間をつなぐインターフェース)に接続し、安全なオフチェーンデータを提供する。

例えば、「VRF(検証可能なランダム関数) 」はプロスポーツ選手のゲームスコアに応じて変化する「ダイナミック(動的)NFT」を発行でき、現在はイーサリアム上でNBA(全米プロバスケットボール協会)等のNFTコレクションで実用化されている。

さらにチェーンリンクは、年末までにデータやトークンのクロスチェーン利用のグローバル標準「Cross-Chain Interoperability Protocol(CCIP)」のリリースを計画している。CCIPにより、様々なブロックチェーン間でトークンを移動し、スマートコントラクトを実行できるようになり、クロスチェーンアプリケーションの可能性が広がる。

オラクルとは

ブロックチェーン上のスマートコントラクトにオフチェーンのデータを提供するサービス。

▶️仮想通貨用語集

執筆時点、チェーンリンクはイーサリアム(ETH)やBNBチェーン、アバランチ(AVAX)を含む12種類のネットワークをサポートしている。

関連:仮想通貨取引所GMOコイン、チェーンリンク(LINK)取扱い開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します