取引所XT.com、NFTゲームTales of Xtalniaの独自トークンXTAL上場

暗号資産XTALが取引所XT.comに上場

暗号資産(仮想通貨)取引所XT.comは、NFT(非代替性トークン)ゲーム「Tales of Xtalnia」のメイントークンXTALが、同取引所に上場したことを発表した。

通貨ペアはXTAL/USDTで、同取引のメインゾーン(メタバース)に掲載される。入出金が可能になる時期は未定だ。

XTALは、「Tales of Xtalnia」のガバナンストークンであり、エコシステムの中心に据えられているトークンだ。先日行われた、IDO(Initial DEX Offering)では、わずか6分間で、供給された全トークンが完売した経緯がある。

主なトークンの配布内訳は、以下の通り。

  • エコシステムファンド:33%
  • Play to Earn:20%
  • XTALチーム:18%
  • ステーキング報酬:10&
  • パートナー&アドバイザー:8%

同トークンは将来的に実装される、武器製造システムで使用する仕組みとなっており、ゲーム内ではPVPイベントなどからのみ入手可能となる予定。

高ランクのプレイヤーは、低ランクのプレイヤーより多くのXTALをそれぞれ受け取り可能となり、ギルド戦争やワールドボスなどからも入手可能になる計画となっている。

ゲーム外では、ウェブサイト上でのステーキングにも対応する予定だ。

P2EのNFTカードゲーム

XTALを使用する、「Tales of Xtalnia」は、ターン制のオンラインブロックチェーンゲームだ。Play to Earn(遊んで稼ぐ)を採用しており、ゲームプレイを通して報酬を稼ぐことができる

基本的なシステムはカードゲームで、状況に応じて最適なカードを選択し、プレイすることで相手を打ち負かすことが目的。

ゲームには、PVE(プレイヤー対CPU)とPVP(プレイヤー対プレイヤー)の2つのモードが存在しており、前者では、モンスターと、後者では他ユーザーと戦うことで、ゲーム内通貨を獲得することが可能だ。

NFT(非代替性トークン)マーケティングプレイスも用意されており、プレイヤーは製作した武器を販売したり、購入したりすることができる。マーケットに流通する武器は、すべてプレイヤーが作成したものとなる。

「Tales of Xtalnia」の正式リリースは23年に行われる予定。本作は、22年Q2にクローズドベータの実施を計画しており、この際に、武器制作システムが導入される。またQ3にはオープンベータが開催予定で、このテストでは、PVPでのランキングやトーナメントモードが実装される計画だ。

XT.comについて

XT.comは2018年にセイシェル共和国で設立された暗号資産取引所。現在はドバイに運営本部を構えつつ、シンガポールやソウルなど世界各地でグローバルに事業を展開している。

現物取引から先物のほか、証拠金取引なども対応しており、ビットコイン(BTC)やイオス(EOS)など500銘柄以上を対象とした800を超える取引ペアを提供。月間アクティブユーザーは30万人、登録者数は300万人を誇る。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します