CoinFLEX、トークン発行で資金調達 出金再開のための打開策

トークン発行により出金再開を目指す

暗号資産(仮想通貨)取引所CoinFLEXは28日、「リカバリーバリューUSD(rvUSD)」と呼ばれるトークンを発行し、約64億円(4,700万ドル)を調達しようとしていることを発表した。

背景として、CoinFLEXは23日より、すべての出金と、独自トークンFLEXの取引を一時停止していることがある。出金可能となる日の目安として30日を挙げていた。

この措置は、「先週の極端な市場環境とカウンターパーティの継続的な不確実性」に由来するとしている。具体的には「複数のユニコーン企業株式と大規模なポートフォリオ」を有する第三者の資産家が流動性の問題を受け、債務を返済することができなかったことが原因だという。

CoinFLEXによると、この資産家は信頼性が高かったが、最近の仮想通貨市場の価格収縮により、一時的に流動性の問題を抱える格好になった。

最近では、5月のステーブルコインUSTディペッグ騒動をきっかけとして、仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows Capitalが債務不履行に陥ったり、仮想通貨融資企業Celsius Networkが顧客資金の引き出しなどを停止している状況だ。

今回のCoinFLEXにおける流動性の問題も、こうした連鎖反応の一環である可能性もある。

関連仮想通貨融資企業セルシウス、弁護士が破産手続きを推奨か=The Block

関連仮想通貨企業Voyager、Three Arrowsの債務不履行を発表

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

rvUSDトークン販売

CoinFLEXは、出金再開に向けた解決策として、rvUSDトークン発行により資金調達を行うことを計画。同取引所によると、30日の出金再開を目標としているが、これはrvUSDの販売状況にかかっている。rvUSDトークンの全額が購入された場合には、出金やプラットフォーム機能の完全な再開が可能になるという。

価格については、米ドル建てステーブルコインUSDC(USDコイン)1枚につき1枚のrvUSDを購入できる。発行予定期間は2022年6月28日~2022年7月1日までであり、アメリカ居住者以外の、ある条件をクリアする投資家が購入可能。

条件としては、年間所得が約2,700万円(20万ドル)以上、または配偶者と合わせて約1.4億円(100万ドル)以上の純資産があること、完全に身元確認されることなどだ。

CoinFLEXは、このrvUSDについて「購入可能性のある大きな買い手と交渉している」ところだとした。

先物取引の透明性を向上へ

CoinFLEXは、今回の件を受けて、先物取引について透明性を強化していく方策も打ち出した。

具体的には、各アカウントの先物ポジションの想定元本(米ドル)を、外部の監査法人を通じて公開する方針だ。これらのポジションを裏付ける証拠金を米ドル建てで公開し、担保をタイプ1(ステーブルコイン)、タイプ2(流動性の高いコイン)、タイプ3(流動性の低いコイン)ごとに分類するという。

データを公開することで、ユーザーはCoinFLEXを使うにあたって、そのプラットフォームがどの程度リスクが高いか、ユーザーがどの程度レバレッジをかけているか、プラットフォームにとって損失となる清算が発生しているか、などを考慮することができるようになる見込みだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します