CoinFLEX、Roger Ver氏の債務不履行を主張

CoinFLEX CEO、64億円の負債について発言

暗号資産(仮想通貨)取引所CoinFLEXのMark Lamb CEOは29日、ビットコインキャッシュ支持で知られる著名投資家Roger Ver氏が、同取引所に対して約64億円(4,700万ドル)の負債を抱えていると発言した。

Lamb氏は次のように述べている。

Roger Ver氏は、CoinFLEXに4,700万ドルのUSDコイン(USDC)を負っている。我々は彼と契約書を交わしており、彼がCoinFLEX口座のマイナス分を個人的に保証し、定期的に証拠金を上乗せすることを義務付けている。彼がこの契約を履行しなかったため、我々は債務不履行通知を渡した。

またLamb氏によると、これまでVer氏は、契約に従って証拠金を積み増しし、必要証拠金を満たしていた実績があったという。この状況を解決するために、CoinFLEX側はVer氏と交渉しているところだとしている。

Lamb氏は、Ver氏がツイッター上で負債を否定していたことから、この発言に踏み切った形だという。Ver氏は同29日、次のように述べていた。

最近、私がある第三者に対して債務不履行に陥ったという噂が流れている。こうした噂は偽物だ。私は、この第三者に対して負債を負っていないが、私に相当な額の借金をしているのは、この第三者の方である。私は現在、その資金の償還を求めているところだ。

Lamb氏は、このツイートについて「CoinFLEXは、Ver氏に対していかなる負債も負っていない。彼の発言はあからさまに虚偽だ」としており、「Ver氏が、自身の負債と責任から目をそらすために、このような戦術に頼るのは残念なこと」だと続けている。

CoinFLEXの出金停止

背景として、CoinFLEXは23日より、すべての出金と、独自トークンFLEXの取引を一時停止していることがある。

CoinFLEXはこの原因として「複数のユニコーン企業株式と大規模なポートフォリオ」を有する資産家が、当社に債務を返済することができなかったこと」を挙げていた。

この際、Ver氏を名指しはしていなかったが、「この資産家は信頼性が高かったが、最近の仮想通貨市場の価格収縮により、一時的に流動性の問題を抱えた」と説明している。

トークン発行で資金調達へ

CoinFLEXは、出金含めプラットフォーム機能の完全な再開のために、トークン発行による資金調達を計画しているところだ。

「リカバリーバリューUSD(rvUSD)」と呼ばれるトークンであり、ドル建てステーブルコインUSDC(USDコイン)1枚につき1枚のrvUSDを購入可能。これにより、約64億円(4,700万ドル)を調達しようとしている。

この額は丁度Lamb氏が、Ver氏の負債として挙げた「4,700万ドルのUSDC」と一致している形だ。

CoinFLEXは、このrvUSDについて「購入可能性のある大きな買い手と交渉している」ところだと明かしている。また、今後は透明性向上の試みとして、各ユーザーアカウントの先物ポジションの想定元本(米ドル)を、外部の監査法人を通じて公開する計画も示した。

関連CoinFLEX、トークン発行で資金調達 出金再開のための打開策

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します