仮想通貨企業Nexo、出金停止中のVauldに融資提供へ

融資提供、買収も視野に

米暗号資産(仮想通貨)レンディング企業Nexoは5日、財務リストラの危機に瀕している仮想通貨プラットフォームのVauld 買収に向けたタームシートを提示したことを発表した。

VauldのDarshan Bathija CEOは同社の100%買収に向け、Nexoのタームシートに署名したとSNS上で報告。両社のデューデリジェンスが完了次第、取引は成立する見込みで、Nexoには60日間の限定調査期間(Exclusive Exploratory Period)が設けられる。

契約が完了次第、60日の限定調査期間が開始し、Vauldの買収に関するさらなる調査を行う予定だ。

タームシートとは

企業間の融資提供における詳細を明記した書類。タームシート自体が融資契約の元となるケースが多い(参考:山田コンサルティンググループ

▶️仮想通貨用語集

Vauldとは

Vauldは2018年に設立されたシンガポールを拠点におく仮想通貨取引及び融資プラットフォーム。クリプトを含む、金融市場全体の急落や度重なる仮想通貨企業の債務不履行が引き金となり、同社では6月以降、顧客の出金が殺到。この影響で、4日には顧客資産の引き出しや取引、及び預金機能を停止せざるを得ない状況が発生していた。

関連:シンガポールの仮想通貨融資企業Vauldが出金停止、財務リストラを公表

Nexo側は今回の買収について債務不履行が相次ぐ業界を支援する傍ら、東南アジア地域でのサービス拡大に向けた計画もあることを示唆している。

20世紀初頭の「取り付け騒ぎに酷似」

一方、Vauldへの融資提供と完全買収を検討しているNexo社側は3AC(Three Arrow Capital)、セルシウスなどの相次ぐ債務不履行騒動は「1907年の取り付け騒ぎに酷似している」と分析。

市場に過剰なレバレッジがかかっており、経営危機に直面している企業の増加、そして融資企業の希少性などを共通点として挙げた。

その上で、業界における構造的な再編は「少数の優良かつ潤沢な資金を持つ団体の手に委ねられている」として、Nexoが責任を持って真摯に業界参加者に支援を行っていくと説明。ウォール街の大手銀2行から買収や流動性の提供に向けた助言を受けていることを明かした。

Nexo社がVauldを買収した場合、同社の現状停止している出金サービスの再開に努めるほか、今後新たなサービスの展開に向けた計画を導入するとした。Nexoのコーポレートファイナンス部門の責任者であるTatiana Metodieva氏は以下のようにコメントした。

急激な市況の悪化により、今回影響を受けたすべての方々に同情します。しかし同時に、困難な状況は事業モデルにおけるリスクマネジメントの重要性を教えてくれる。

業界におけるリーダーが競争力と規律、そして顧客への妥協なき責任を基盤として市場の危機局面を乗り越えるのは必然的だ。

業界全体におけるより持続可能で、新しいコーポレートガバナンスや収益体制、コスト構造の提案に向けて、弊社は全ての仮想通貨レンディングプラットフォームの投資家との対話を歓迎する。

また、VauldのBathija CEOは以下のように見解を述べた。

Nexoの傘下に入ることで、弊社は相場の変動に左右されずに、即座に力強い立場から顧客への信義則上の義務を果たし、両社の野心的なロードマップの遂行に専念することができる。

関連:仮想通貨融資のBabel Finance、財務再編へ

関連: 仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows、米国で破産申請

関連:CoinFLEX、トークン発行で資金調達 出金再開のための打開策

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します