仮想通貨融資のBabel Finance、財務再編へ

Babel Financeの財務リストラ

顧客資金の出金停止が続く香港発の暗号資産(仮想通貨)融資プラットフォームのBabel Financeについて、財務リストラやM&Aを手掛ける大手投資銀行Houlihan Lokey(フーリハン・ローキー)との契約締結が進行しているようだ。複数の情報源に基づいてCoinDeskが報じた。

「債務整理や債務買取り、あるいは債務超過やデフォルトを宣言するといった、今数週間のうちに何らかの結果を出す次のメジャーな1社になるだろう」と情報提供者は語っている。

Babelと同様に顧客資金の出金を停止している仮想通貨融資企業Celsius Network(セルシウスネットワーク)は、財務再編などの解決策について助言を受けるために大手金融シティグループからアドバイザーを雇用。その後、Celsiusの弁護士が同社に対し、米連邦破産法11条(チャプターイレブン)に基づいた破産手続きを推奨していることが分かっている。

関連:仮想通貨融資企業セルシウス、弁護士が破産手続きを推奨か=The Block

Babel Financeは17日、一部の業界大手が相次いでデフォルト(債務不履行)状態に陥ることを背景に、「流動性プレッシャーに直面している」として顧客資金の出金対応を停止することを実施。今もその状態は続いている。

20日にBabelは、主要取引先と「一部の債務の返済期間について予備的合意に達した」として、会社の短期的流動性の圧力が緩和されたと説明した。

2018年に設立されたBabelFinanceは、世界中の機関や適格投資家にビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ステーブルコインの賃借、資産管理、プライムファイナンスを提供している。

21年5月にBabelはシリーズBラウンドで2,600億円(20億ドル)の評価額で約100億円(8,000万ドル)を調達。21年2月時点で500以上の機関投資家にサービスを提供、21年末時点に仮想通貨の融資総額は3,900億円(30億ドル)に達した。

Babel Financeは最近、グローバル・パートナーシップ責任者であるYulong Liu氏が離職。ビジネス特化ソーシャルメディアLinkedInからは、パートナーシップと広報チームの数人が離脱したことが確認されている。

ヘッジファンドや融資企業の債務問題が連日取沙汰されている。BlockFi、Genesis、Celsiusといった業界最大手の融資会社から巨額資金を借り入れてきたと伝えられるThree Arrows Capitalは1日、正式に米国で破産申請を出した。

関連:仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows、米国で破産申請

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します