仮想通貨企業が数百億円の債務返済、マーケットメイカーのデレバレッジが進行

仮想通貨マーケットメイカー

暗号資産(仮想通貨)のマーケットメイカーであるWintermuteが、過去数週間に数百億円(数億ドル)の債務を返済してきたことを明かした。

マーケットメイカーによる債務返済は仮想通貨市場のデレバレッジにつながる。同業他社が足並みを揃えていれば、市場を取り巻く担保資産の清算リスクの緩和にもつながる。

7日付けの米ウォールストリートジャーナルによると、WintermuteのMarina Gurevich最高執行責任者(COO)は、「過去数週間に様々な貸し手に対して数億ドルの債務を支払った」と語っている。このコメントは、5日に米国で破産申請を出した仮想通貨投資プラットフォームVoyager Digitalに言及したものだ。

関連:3ACへの巨額融資の影響で連鎖破綻か、仮想通貨企業Voyagerが破産申請

Voyager Digitalは、高利回りな預金金利を謡い、投資家に仮想通貨を預けさせた。一方で、同社は集めた資産をWintermuteやJump Tradingのような仮想通貨マーケットメーカー会社に貸し出して金利を稼いだ。

仮想通貨のマーケットメイカーは取引市場間のわずかな価格差から利益を得るため、仮想通貨を様々なプラットフォームに置いておく必要がある。そのため、融資企業から資金を借りてきた。

しかし、VoyagerはヘッジファンドのThree Arrows capital(3AC)の破綻により、約900億円(6.5億ドル)相当の不良債権を抱え、破産に至っている。

Voyagerの破産申請書からは、3ACだけでなく多くの他の仮想通貨投資会社向けの融資額が明らかになっている。

Wintermuteは年利4%~13.5%で約37億円(2,730万ドル)を借り入れていた。また、仮想通貨投資・トレーディング企業Alamedaも約500億円(3.7億ドル)相当を借りていたほか、米仮想通貨投資企業Galaxy Digitalや、Genesis Globalといった業界大手もリストに含まれている。

WintermuteのEvgency Gaevoy最高経営責任者(CEO)は6月、ポッドキャストでこうしたマーケットメーカーについて以下のように語っている。

これらの企業はどこも、数年間で数十億ドル稼いだつもりでいた。しかし、それは間違いだった。Wintermuteも受けていた融資の全てが貸し手によって清算された。当社のバランスシートは半分以下になっている。

一方で、Voyagerに資金を預けていたユーザーは、資金の100%は取り戻せないという見方が出ている。破産に先だって、Voyager Digitalは1日に顧客の入手金、取引、リワード付与及びデビットカード利用の一時停止を発表していた。

破産申請書類によると、同社は現在約13億ドルの仮想通貨を保有している。再建プランによると、Voyagerの破産プロセス後に顧客の仮想通貨は「不完全になる」ことが記載されており、「ユーザーが預けた仮想通貨+再建後の株式、Voyagerトークン、Three Arrows Capitalから回収した資金」のミックスで返済する方針を示している。

アカウントに米ドル預金がある顧客は、メトロポリタン商業銀行との「和解と詐欺防止プロセスが完了した後」に資金を出金できるようになるという。

関連:「市場に漂う清算リスクの暗雲」、仮想通貨企業の債務問題・救済策まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します