米コインベース、最も保有する仮想通貨は

コインベースの資産保有状況

米暗号資産(仮想通貨)取引所大手コインベースにおける、仮想通貨・現金の資産保有状況が明かされた。イギリス発の投資教育サイト「TradingPlatforms」がリサーチしまとめたデータだ。

データによると、コインベースの2022年の財務状況は下図通り。

出典:TradingPlatforms

「その他の仮想通貨」に関しては詳しいデータは明らかになっていないが、3月のデータによれば、当時はビットコイン(BTC)が50.1%、イーサリアム(ETH)が35.1%、テラ(LUNA)が9.4%、コスモス(ATOM)が5.37%であった。

また、2021年12月31日付のバランスシートでは当時3.16億ドル相当の仮想通貨を保有しており、2019年比9倍増加していたが、現在はそれが2.56億ドルに縮小。仮想通貨の弱気相場から影響を受けていると見られる。

そのほか、現金の割合が極めて低い点も投資家から注目されるところだ。現金に相当するステーブルコインUSDCは「その他の仮想通貨」に入っている可能性があるとされる。

コインベースの保有資産に直接関連していないが、昨年4Qの累計出来高と比べては今年の1Qでは56%減。一方、出来高による収入は依然としてコインベースの全売り上げの大部分を占めており、1Qにおいては83%は出来高による手数料で、約12%がサブスクリプションやその他のサービスによるものになっている。

なお、コインベースの株価は過去最高値から85%以上の下落幅を記録した。

関連米コインベース、欧州進出の強化方針を明かす

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します