シバイヌ(SHIB)、独自ステーブルコインの開発計画を発表

シバイヌ(SHIB)の開発計画

暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)について、独自のステーブルコインや、レイヤー2スケーリングソリューションを含む開発計画が6日に発表された。

仮想通貨時価総額14位のシバイヌ(SHIB)トークンは、21年春に人気を博したミーム銘柄の一つ。前月比21.7%高は、上位20銘柄の中でUniSwapに次ぐ騰落率。

同年11月にはVRパブリッシャー「ForwardReality」の開発者を「Shiba Inu Games」プロジェクトに迎え入れたことを発表し、Coinmarketcap(CMC)時価総額ランキングでドージコイン(DOGE)を上回り、トップ10に食い込んだ。

シバイヌの主任開発者Shytoshi Kusama氏によると、ステーブルコイン「SHI」、貢献者へのリワード・トークン「TREAT」、メタバース「SHIB:TheMetaverse」及びカードゲームプロジェクトがエコシステム内で今後立ち上がる予定だ。

SHIの特徴は明かされていないが、2022年内のリリース予定とされている。また、TREATはエコシステム貢献者への報酬となるだけでなく、ステーブルコインSHIの残高に含まれるという。Kusama氏は、TREATがシバイヌのエコシステムに利益をもたらし、完全な分散化を助けることになると主張した。

さらに、独自のレイヤー2スケーリングソリューション「Shibarium」の開発も進行している。Shibariumは独自のガス・トークン(BONE)を持ち、ネイティブアプリの作成とデプロイ時の支払いに使用される。

なお、L2とメタバース、及びカードゲームの具体的な開発状況は明かされていない。Kusama氏はさらなる情報を追って伝えると最後に述べた。なお、Shibariumにインフラを提供するUnificationによると、Shibariumのパブリックβテストネットが、22年第3四半期にもローンチされる予定だ。

レイヤー2とは

メインのブロックチェーン上に第2層として構築されるネットワーク。レイヤー1(メインチェーン)とは独立して取引処理を行い、処理結果のみをメインに返し、ブロックチェーンに保存する。代表例にビットコインのLightning Networkや、イーサリアムのArbitrum等があるが、その方法とセキュリティレベルは多種多様。

▶️仮想通貨用語集

関連:米ロビンフッド、仮想通貨4銘柄の新規上場

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します