LINE NEXT、ソフトバンクなど10社と戦略的投資協定を締結 NFT電子市場のローンチなどに向けて協業

約13億円の投資協定

LINE株式会社傘下のブロックチェーン企業LINE NEXT Inc.(LINE NEXT)は13日、ソフトバンク株式会社、NAVER、NAVER WEBTOONなど計10社と、総額約13億円(1,000万ドル)の戦略的投資協定を締結したことを発表した。

LINE NEXTは21年に設立。米国と韓国を拠点に、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」およびNFT(非代替性トークン)プラットフォームの事業運営を行っており、グローバルNFTおよびWeb3エコシステム構築を目指している。

関連:LINE、2つのNFT関連企業を設立

今回、同社と提携を結んだ企業の一覧は以下の通り。

  • ソフトバンク株式会社
  • NAVER
  • NAVER WEBTOON
  • NAVER Z
  • LINE Games
  • CJ ENM
  • YG PLUS
  • SHINSEGAE
  • Hashed
  • K Auction

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

エンタメ系IPを活用する計画

各社はLINE NEXTと連携して、グローバルNFTプラットフォーム「DOSI」のローンチに向けて協力すると同時に、エンターテインメントIP(知的財産)に基づくNFTプロジェクトの開発およびビジネス支援を行う。

具体的には、NAVERのエンターテインメント映像サービス「NOW.」やCJ ENMのインフルエンサービジネスグループ「DIA TV」などのIPを使ったNFTプロジェクトなどが実施される予定だ。

発表によると、本プロジェクトで発行されたNFTは、「DOSI」の各ブランドストアで取引できるようになる予定。NAVERへのログインとDOSI Walletの連携や、Naver Payでの決済が可能になる計画だという。

今回の投資協定について、LINE NEXTの高 永受(コ ヨンス)CEOは以下のようにコメントしている。

Web3.0のエコシステムを拡大するためには、ユーザーのニーズに基づいたNFTを創出し、NFTの価値を提供することが大切です。グローバルのNFTマーケットにアジアのエンターテインメントIPを提供することで、新たなファンダム文化を醸成していきながら、広くNFTを普及させる予定です。

日本国内では「LINE NFT」が展開中

LINE NEXTが開発する「DOSI」は、グローバル向けのNFTマーケットプレイス。

22年に開発が発表された際には、企業やクリエイターが、簡単にブランドの店舗やグローバルコミュニティを構築することが可能で、専用ウォレットを通じて、一般ユーザーはクレジットカードや、ビットコイン(BTC)など数種類の暗号資産(仮想通貨)を利用して決済ができるとされていた。

なお、日本や中国、香港、フィリピン、ロシアなどの国々・地域のユーザーは、同プラットフォームを使用できないとされており、国内ではマーケットプレイス「LINE NFT」が展開されている。

関連:LINE NFT、「プロフィールNFT」体験版を実装

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します