ソラナ基盤のゲーム開発企業、33億円のシリーズA資金調達を完了

弱気相場でも資金調達

ソラナ(SOL)ブロックチェーンを基盤とするメタバースMonkeyLeagueの開発企業Uncaged Studiosは14日、2,400万ドル(33億円)相当のシリーズAの資金調達ラウンド完了を発表した。

MonkeyLeagueはMonkeyPlayerと呼ばれるNFT(非代替性トークン)から自分のチームを構成して、様々なeスポーツに挑んでいくP2E型のWeb3.0ゲーム。MonkeyBucks(MBS)は同ゲームの主要通貨となっており、ゲームプレイで取得可能。また、プレイヤー以外にもスタジアムのNFTもある。

Uncaged Studiosは「弱気相場の中でも、この高い査定額の資金調達を実施できたのは我々のビジョンとチームの献身的な姿勢と努力の賜物だ」とコメント。以下の用途で資金を活用する方針を明らかにした。

  • MonkeyLeague開発の完了
  • 人員強化
  • 同様のNFT(MonkeyPlayer)を利用した複数のeスポーツの展開
  • Web3への参入を目指すWeb2ゲーム企業向けのゲームOS開発の完了
  • ネットワークとエコシステムの拡大・グローバル提携の強化

P2Eとは

P2Eとは「Play-to-Earn」の略。ゲームをプレイすることで仮想通貨を稼ぐことが可能な仕組みとなっている。

▶️仮想通貨用語集

なお、MonkeyLeagueは発足から9ヶ月足らずの新プロジェクト。昨年の初期トークンセールでは400万ドル(5.5億円)相当の資金調達に成功していた。

関連:ソラナ(SOL)とは|注目ポイントと今後の将来性

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します