パラグアイ議会が仮想通貨法案を可決、大統領に送付

大統領の署名へ

南米パラグアイ共和国の上院議会は先週(14日)、暗号資産(仮想通貨)規制法案の可決を承認し、大統領に送付された。

この法案は5月末下院が可決し、再び上院に戻されて審議されていた。仮想通貨取引所に対して、パラグアイのマネーロンダリング防止機関への事業登録を義務付けるもので、マイニング事業者が個人および法人問わず、産業用電力使用の認可やライセンスを申請することも規定。同国の仮想通貨業界における初の総合的規制フレームワークになる。

関連パラグアイ議会、仮想通貨法案が下院でも可決

なお、この法案はエルサルバドルとは異なり、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を法定通貨と規定するものではない。

関連速報 エルサルバドル政府、80BTC買い増し

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します