パラグアイ議会、仮想通貨法案が下院でも可決

仮想通貨法案が通過

南米パラグアイ共和国の下院議会は25日、暗号資産(仮想通貨)規制法案の可決を承認した。法案は今後、再び上院に戻ってさらに審議が行われる予定だ。

同法案第一条によると、「仮想通貨または暗号資産の生産活動や商業化を規制し、その生産と商業化から派生するビジネスに法的、金融・財政的な安全性を保証すること」を目的とするものである。法案は25日の議会で、賛成40対反対12で可決。議員たちは、今後、法案に修正を加えながら進めていくことで同意した。2021年の12月に上院で可決していたが、今回下院でも承認され、審議が継続する格好だ。

仮想通貨マイニング産業の誘致も、法案の目的の一つである。

パラグアイは水力発電で国内の電力需要ほぼ全てを賄っているとされている。一方で、水力発電によって算出された電力は、国内で三分の一程度しか消費されておらず、パラグアイ内の電気代も安くとどまっている状況だ。こうした安価な水力発電エネルギーを、マイニングに利用することが考えられている。

関連パラグアイ、マイニング関連法案が上院で可決

法案を支持している議員の一人Carlitos Rejala氏は、可決を受けて「下院はビットコイン(BTC)マイニングの法的枠組みを構築する法案を承認した。パラグアイでは、100%水力発電の再生可能エネルギーが使用できる」とコメントしている。

法案は、仮想通貨取引所に対して、パラグアイのマネーロンダリング防止機関への事業登録を義務付けるものだ。また、マイニング事業者が個人および法人問わず、産業用電力使用の認可やライセンスを申請することも規定している。

今回、議員らは投票前に法案について長時間議論しており、その中では電力消費やマネーロンダリングなどの問題について懸念を示す声も挙がった。

一方でそうした懸念に対しては、法案は「仮想通貨を追跡可能にすることにも焦点を当てており、仮想通貨業界を公的に監視できるようにするもの」で、むしろ不正行為を防ぐように働くだろうという趣旨で反論する議員もいた。

関連:初心者でもわかる、ビットコインのマイニング(採掘)とは 3種類の方法を解説

パラグアイ中銀は懐疑的な見方を維持

議会では、仮想通貨規制法案が前向きに進められているが、パラグアイの中央銀行は仮想通貨に懐疑的な見方を示している。

パラグアイ中銀は3月、仮想通貨業界を規制することにより、電力の消費や金融システムへのコストなど大きな短所が考えられ、利益がそれを上回るかどうかは不明であるとしている。

また、「仮想通貨は貨幣の基本的な機能を果たしておらず、高リスクの投資に該当する」と指摘。今回の法案は、仮想通貨の商業化を規制しようとするものだが、こうした資産の保有について、人々に誤った安心感を与えてしまう可能性があると懸念を表明していた。

パラグアイは、2019年に仮想通貨に関する布告を発表している。

「仮想通貨の価格は需要と供給に応じて、通常大きく変動し、価値がゼロになることもあり得る」としており、その他詐欺やハッキング、不正取引の可能性からもリスクが大きいと述べる内容だった。

また、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は法定通貨ではなく国の保証がないとも強調している。パラグアイ中銀は今月、ビットコインを法定通貨化したエルサルバドルで金融包摂をめぐる会合が開かれた際にも、この布告を再確認しており、現在もこうした見方を変えていないとみられる。

エルサルバドルのビットコイン法とは

米ドルと並行する形で、ビットコインを法定通貨として認め、市民がビットコインを全ての決済シーンで利用できることを定めている。エルサルバドルのブケレ大統領が推進した法案で、2021年6月9日に議会によって可決された。ビットコインが国の法定通貨として正式に認められる初の事例となった。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します