コインベース、仮想通貨5銘柄の上場実施へ

5銘柄の取引開始へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは20日、新規5銘柄の上場を開始する方針を発表した。

対象銘柄はGnosis(GNO)、Metal(MTL)、SwftCoin(SWTFC)、Sylo(SYLO)とArcblock(ABT)の5通貨(全てERC-20規格の)。取引は22日午前1時(日本時間)に開始する見込みだ。

取り扱いペアは以下の通り。流動性が一定量に達し次第、取引を開始する。

  • ノーシス(GNO)/米ドル(USD)
  • ノーシス(GNO)/テザー(USDT)
  • メタル(MTL)/米ドル(USD)
  • メタル(MTL)/テザー(USDT)
  • スイフトコイン(SWFTC)/米ドル(USD)
  • スイフトコイン(SWFTC)/テザー(USDT)
  • サイロ(SYLO)/米ドル(USD)
  • サイロ(SYLO)/テザー(USDT)
  • アークブロック(ABT)/米ドル(USD)
  • アークブロック(ABT)/テザー(USDT)

なお、スイフトコインとサイロ、そしてアークブロックの3銘柄については、取引はコインベースのExperimental labelで行われる。

関連:米コインベース、仮想通貨3銘柄の上場予定を表明

対象銘柄の解説

ノーシス(Gnosis)はイーサリアム(ETH)エコシステム向けの分散型インフラ。オークションやカストディ流動性マイニング、予測市場など多数のプロダクトを提供。独自通貨のGNOはガバナンストークンおよびユーティリティトークンとなっている。

メタル(Metal)は仮想通貨を活用する決済に特化したブロックチェーン・プロジェクト。独自通貨のMTLは同プラットフォーム内の決済などで活用される。

スイフト(SwftCoin)は多数の仮想通貨を取り扱うステーキングやレンディング、スワップ、決済およびウォレット機能を提供するプラットフォーム。SWFTC保有者には手数料の割引などの特典が付与される仕組みを持つ。

サイロ(Sylo)は分散型コミュニケーション機能を兼ね備える仮想通貨ウォレット。SYLOトークンは同ウォレットのユーティリティトークンで、ユーザー間の決済手段として利用可能だ。

アークブロック(Arcblock)はブロックチェーン技術とクラウド・コンピューティングを活用したdAppsの開発に特化したプラットフォーム。ARCは同エコシステム内の決済手段となっている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します