仮想通貨取引所KuCoin、13億円調達

Susquehannaから調達

多くのアルトコイントレーダーが利用する仮想通貨取引所KuCoinは21日、13.7億円(1,000万ドル)を資金調達したことを発表した。

出資したのは、大手取引企業Susquehanna International Groupで、戦略的に資金を提供し、KuCoin独自のKCCチェーン上で開発を行うスタートアップを共に支援する。また、新規資金を新規プロダクトやインフラ強化、更なる人材確保にも充てるという。

KuCoinは2017年に立ち上げられた取引所で、グローバルで2,000万のユーザーを抱え、700以上の銘柄と1,200の通貨ペアを提供。

同社は今年の5月にJump Cryptoが主導するプレシリーズBで1.5億ドルを調達していた。

なお、最近では一部の取引所が市場の急激な変動に影響され、一時的な出金停止を実施しているが、KuCoinは先日、経営は順調だと強調し「出金停止する予定は一切ない」として、FUD(悪い噂)を打ち消す発言を行なった。

関連KuCoin CEO、出金停止懸念などの「FUD」を全面否定

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します